ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの作品情報・感想・評価・動画配信

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い2011年製作の映画)

Extremely Loud & Incredibly Close

上映日:2012年02月18日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」に投稿された感想・評価

ゆめの

ゆめのの感想・評価

5.0
こんなに苦しい映画初めて😢
胸糞とかではなく、ただただ悲しい、、

最後の30分くらいずっと泣き続けてた、、
本当に悲しいけど、愛情に溢れてる映画でした😭😭

本当におすすめです!!!🎞


2020年 67本目
pepper

pepperの感想・評価

4.3
いろいろ考えさせられる映画。
akane

akaneの感想・評価

4.1
ひたすらに苦しくて、悲しくて、それでも見るのを辞められなかった。
あれだけ賢いオスカーなら、この旅がどれだけ無謀な事なのか、分かっていないはずがないのに。それでも狂ったように歩みを止めない彼を見ていると、どうしようもなく心がえぐられた。
9.11に限らず、理不尽な理由で大切な人を亡くされた方の、ありありとしたリアルを見たような気分だった。

心にぽっかり空いた穴を埋めてくれるのは、時間でも慰めでもなく、やっぱり人の愛なのだと改めて気付かされたような、そんな優しい映画です。
こんなに泣いた映画は初めて。
自分と重なる部分もあってより悲しい。
母の愛も感じる。
泣きすぎて、逆に映画館で見なくてよかった。

オスカーの心を足しも取り戻したい。
探すのを続ける。

とにかくすごい泣けた映画。
息ができないくらい泣いた。

このレビューはネタバレを含みます

9.11で父を失った少年が見つけた父からのメッセージ。
なにを示しているのかわからないが、ヒントを手がかりに様々な人に会って愛を見つけていく。

久しぶりに泣きました。
CHANELGIRL

CHANELGIRLの感想・評価

4.0
アメリカ映画🇺🇸一生懸命に努力して、凄く成長しましたよね☺️寂しいけど、素敵な映画でした☺️
理不尽、どう乗り越える?
序盤から最終盤まで重苦しく疲れるね。でも最後で少し解放されて救われた。物語は9.11で亡くした父親の遺品の鍵、これに合う鍵穴を探す不安症を抱えた少年のお話が主。しっかし母は凄いね。泣きました。体調の良い日に多くの方に観て欲しい作品です。
みぽ

みぽの感想・評価

3.7
観てみてほしいです。。。
☁️☁️☁️☀︎☁️☁️
おかあさんも辛かっただろうな
>|