ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの作品情報・感想・評価・動画配信

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い2011年製作の映画)

Extremely Loud & Incredibly Close

上映日:2012年02月18日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」に投稿された感想・評価

BeSi

BeSiの感想・評価

4.9
9.11で父を亡くしたアスペルガー症候群の少年が、父の残した鍵とメッセージを探し出すべく奮闘するストーリー。見終わってから、もしかするとこの「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」というタイトルには、少年オスカーから見た父母に対する想いがあるのではないかと思う。亡くなってからもオスカーに話しかけてくる父。もの言いたそうな目で見つめてくる母。鬱陶しい。そんな父母でも、自分の為を思ってすごく良くしてくれる。という事は、二人ともありえないほど近くに寄り添ってくれていると解釈出来る。そして、二人の秘めたオスカーに対する愛情の存在に気付いた時は涙が止まらなかった。ものすごく切なくて、ありえないほど愛に溢れている素晴らしい作品。久々に短いレビューが書けた笑
速

速の感想・評価

4.3
実際に起きた悲劇なので、扇情的に語るのではないところが好きだった。
mami

mamiの感想・評価

3.9
良かったぁぁ〜!

最後まで観入ってました。

観てやっと、なるほどねー!って、タイトルの意味がわかる。

もうさ、最後の最後まで、パパが素敵な存在で。作品を通して、あたしもパパの事好きになるくらい!てか、こんなパパいたら幸せだろうな〜

そんなパパが大好きだからこそ産まれた作品♡

とーっても素敵な作品です(人・_・)♡
Rino

Rinoの感想・評価

3.5
重たい。大切な人を失ったことがある人は見ない方がいいかも。とても苦しくて途中見るのやめてしまいそうになった。そうじゃない人は最後は父の死を乗り越えて感動〜で終われるかと。父を失った後、残された家族の極限の精神状態の様子がとてもリアルだった。
よりも

よりもの感想・評価

4.5
誰もが

それぞれ背負うものがあるからこそ

前に進めるのかも。
MayaBando

MayaBandoの感想・評価

3.0
トーマスホーン
天才ですか?
Yuta

Yutaの感想・評価

4.0
2005年に発表され、「9・11文学の金字塔」と評されたジョナサン・サフラン・フォアによるベストセラー小説を、「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9・11テロで最愛の父を亡くした少年オスカーは、クローゼットで1本の鍵を見つけ、父親が残したメッセージを探すためニューヨークの街へ飛び出していく。第2次世界大戦で運命の変わった祖父母、9・11で命を落とした父、そしてオスカーへと歴史の悲劇に見舞われた3世代の物語がつむがれ、最愛の者を失った人々の再生と希望を描き出していく。脚本は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のエリック・ロス。オスカーの父親役にトム・ハンクス、母親役にサンドラ・ブロックらアカデミー賞俳優がそろう。
もこ

もこの感想・評価

-
したいならまた恋をしてもいいよ

って言葉すごく優しいし

それに対する答えも素敵だった
Kir

Kirの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

911に翻弄された家族の話。

まぁ🚮。
911とアスペルガーの流行りのコンボしたかっただけ。

感動ポルノ過ぎ。

ブロックやハンクスの起用も卑怯。彼らも好感度は上がるだろうから、強かだよなぁ。

典型的なアホなアメリカ人から金を取るための映画。
sayaka

sayakaの感想・評価

4.0
なんかすごく面白かったなあ
暫く経ったらもう一度観たい映画
>|