ものすごくうるさくて、ありえないほど近いの作品情報・感想・評価・動画配信

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い2011年製作の映画)

Extremely Loud & Incredibly Close

上映日:2012年02月18日

製作国:

上映時間:129分

3.8

あらすじ

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」に投稿された感想・評価

jijidebu

jijidebuの感想・評価

3.6
2時間程の映画ですが、
1時間45分くらいまでは
ずっとしんどかった。
正直オスカーに対しての
嫌悪感がまさってしまって。

母親にあの言葉は…辛いよ。
「パパじゃなくてママがあの日あそこにいればよかったんだ」でしたっけ?
苦しい言葉やわ。
「本心じゃない」って言うけど
ママに「いいえ。本心よ」って言わせるなよ〜。辛いよ〜。

まぁそれでも後半でかなり盛り返したかな。
オチも良かったしさ。

後半かなり盛り返したのでこの点数。
アレがなければキツかったかな。
Hiromu

Hiromuの感想・評価

3.3
9.11によって父親を亡くしたオスカーがどのようにして悲しみを乗り越えていくかというのがこの映画のテーマでした。

コミュニケーションが苦手なオスカーが懸命に鍵穴を見つけに尋ねていくところに勇気をもらいました。母親役のサンドラブロックと父親のトムハンクスが登場するだけでテンション上がりました。トム・ハンクスが主役じゃない映画は初めて見ました。

全体的には、何だか予想してたのと違っていて、あまり引き込まれなかった。
kanki

kankiの感想・評価

-
アスペルガーの子に合わせた子育て
MioHamada

MioHamadaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

みててかなりくるしい映画。
空の箱を埋めた理由の母子のシーン、言っちゃいけないとわかってる言葉を言ってしまって、言ったほうが苦しいんだよね。マリッジストーリーを思い出した
父が残した鍵の鍵穴はきっと
旅への、世界には色々な人がいることを知る、人の数だけストーリーがあることを知る、9.11が残した傷跡を克服する、母親と息子を再びつなげる、
鍵穴だったんだろうな
人に話しかけることを調査で学ばせた父、それが生きた調査だった
世界にはきっとたくさんの鍵穴がある
矛盾語合戦おもしろいな
泣いてる人のことを抱きしめてあげる、っていうオスカーで糸を思い出した〜

鍵には必ず鍵穴がある
鍵は必ず何かをあける

なにもないより失望したほうがいい
歯

歯の感想・評価

3.8
特にグロシーンとかがある訳でもないのに疲れている時に見るのが無理な映画
中盤以降は救いがあって割と落ち着いてみてられるけど、序盤が本当に悲しく辛い・・・・でもこういう映画が沢山存在していてほしいと思う
Tai

Taiの感想・評価

4.3
あまりに突然に大切な存在を失ってしまった少年の旅。その先で彼が得たものには涙を禁じ得ませんでした。

ちょっと気難しい少年オスカー。彼は記憶力が人並み以上、1つにこだわるととんでもない集中力と行動力を発揮します。
でも、苦手で恐いものも多く、コミュニケーションにも難あり。
そんな彼が家で見つけた鍵とメモ。一体、何の鍵なのか?メモとの関係は?失ったもの穴を埋めるかのように、彼の旅が始まります。

このオスカーが何とも頑張り屋さんで応援したくなるんですよね!
普段の言動が少し捻くれて感じるところもあるのですが、それらは彼の感性からくるものであって、その行動が理解できてくると、彼の内なる葛藤と感情のせめぎ合いが何とも心苦しかったです。
少年が主人公の物語というのは成長譚が付き物ですが、その手に持つタンバリンの音が、なんとも頼りない少年の背中を鼓舞するようで良い演出でした◎

トム・ハンクス演じる、オスカーのお父さんも非常に印象的でしたね!
息子を理解し、彼らしく成長させようと接している様子は、息子からすれば親友のようで、でもちゃんと父親であるという距離感が観ていて、とても心温まりました( ´∀`)b


ニューヨークという大きな街で少年が巻き起こす出会いの物語。
オスカーは最後に飛んだのかな?彼の最後の表情に永遠の〝8分間〟を感じました◎
Reina

Reinaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

Idk why but I cried a lot with them
He and his mom was kinda crazy after his dad died
He was avoiding his mom but his mom’s love was amazing
He found her love eventually
しおり

しおりの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

中学か高校の時に見て、反対の言葉言うゲームとか不思議な感じの世界観が好きだった。

タンバリン鳴らしながら、うるせえジジイみたいなこと言うシーンがなぜかツボすぎて一緒に見てた友達とめっちゃ笑った記憶。

母の愛もじわじわと感じられる映画でもう一度見たい。
>|