永遠の人の作品情報・感想・評価

「永遠の人」に投稿された感想・評価

なんかタイトルいい感じだし、時間も短めだしって思って軽い気持ちで観てみたんだけど、思った以上にやられた…。最高すぎかよ。
序盤中盤憎しみで溢れてて、正直観てるのつらいし、夫マジでむかつくんだけど、その分最後の展開でグッとくる。長い間続いてきた憎しみにやっと希望が見えて、少し泣きそうになりました。
あとすごい重い話でびっくりした。木下恵介はなんとなくコメディ系を撮るイメージのある監督だったから、作風の幅が広すぎるだろって思った。
映像きれいすぎない?「カルメン故郷に帰る」の時も思ったけど、木下恵介は人の列とか風景とか、横に広がってる映像がきれいで、それがシネスコになることで最大限に生かされてたと思う。汽車が走ってるシーンとかすごい好きだったなあ。
良い映画、、、、。。
物語の大事な脈に合わせて流れる
ラテン、フラメンコが斬新で超カッコ良かった。。。
最後に号泣。
業が深い…
フラメンコ音楽の使い方が凄い
胸が熱くなるラストシーン。とてもよかった!「許す」ってどういうことか?
高峰秀子と仲代達矢の熊本弁が心地よくて、喧嘩してる声が不快じゃないのが不思議。
ロケ圧倒的すぎ。もはや影絵で寓話的な屋外撮影、絵本のようなスコープサイズ。
TA

TAの感想・評価

5.0
すごい。
カットと音楽は終始全然良いと思えない。でもラストで震えた。…あれは確かに凄い演出だ…。
クレミ

クレミの感想・評価

4.6
ドロッドロの愛憎劇。ミニマムな世界観だからこそ起こる罪と復讐、時代の経過と共に憎しみが煮詰まっていく様子が息苦しく描かれる。内容に対してカメラワークや演出、音楽はすごくシャープで、そこのカッコよさもビリッとくる。何かと繰り返していく展開も、業とか運命を感じさせて良いです。役者陣も超名演。

まあ前半の方とかどう考えても旦那が悪いんだけど、時代と土地柄と運命、どうやっても仕方がないこともある。夫婦とは何か、ということを考えさせられますねー。

終わり方が最高すぎて何にも言えないです。これが人生。
Aka

Akaの感想・評価

4.2
ほぼ一生かけて相手を憎み合う夫婦の物語。壮大なロケーションとタンゴのリズムに気持ちが高まり、ラストでは胸がいっぱいになる。とりあえず皆さん、結婚は好き合った人としましょう、絶対!

木下恵介監督映画は初鑑賞だったけどなんだかハマりそう〜この話は5章から成ってるんですが、一章の終わりごとに挿入歌入ってて、それがまたいいんですよね。「そればってん〜そればってん〜♪」って笑
私が1番ウワ〜〜ヤベぇ…と感動したのは長男の最後のシーン。あれどうやって撮ったの?!あのシーンに魂込めすぎ…
>|