ショセミン

Laundry ランドリーのショセミンのレビュー・感想・評価

Laundry ランドリー(2001年製作の映画)
4.3
このくらいゆったりとしてる平凡な邦画は大好きだーー。「つまらない」まで退屈はしない。なんせ窪塚だから。最近の役柄に比べると、この時期の窪塚はもう少し幅が広かったように感じる。さすが黄金時代。

ニット帽を手で何度も抑える仕草と、鼻を人差し指でピンとはじく(?)仕草が印象的。現実にはなさそうな、また弱ファンタジーなところがよかったな。少し変わった青年と、心に傷を負った女。言葉にすると少しエグいが、この映画はその言葉のイメージとは真逆にあるのがいい。

窪塚だけじゃなくて、小雪もよかった。テルが究極に悲しいシーンの時のミズエサンは最高。小雪みたいな綺麗な人が病んでたらそりゃ忘れ物どこまでも届けるわなって思った。(笑)けど美しいわ〜〜この二人が泣くところはそれぞれ美しい。

好きなシーンがたくさんで、心に残るセリフもたくさんで、唯一ここが好き!というものが選べない。(笑)

つまりはどのシーンも好き!名シーンごとにダイジェストでもう何回かずつ繰り返し観たい(笑)