HK

フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラのHKのレビュー・感想・評価

3.7
フランケンシュタイン対地底怪獣の姉妹作品 監督は本多猪四郎

フランケンシュタインの細胞組織から分裂し、人の愛情を知って育った山に生息するサンダと、人の愛情を知らず冷酷に育った海に生息するガイラとの巨人怪獣ものの特撮映画である。 

序盤のオオダコとガイラとの戦闘シーンはとてもすごかった。

ガイラの捕食シーンは最早トラウマレベルである。女性を頻繁に狙うところはとても悪趣味というか。それでも生きていくためなのだから仕方ないともいえる。

しかし、ガイラを一貫して悪者として扱っていたのがちょっと可哀想であった。人類の敵かもしれないが、怪獣であり生き物でもある彼にとって捕食は当たり前だから仕方ない。

しかしサンダもガイラについていた服のようなものから人を食ったことを推理することができるのはとても頭のいい怪獣なのか。

しかし、最後のサンダとガイラの戦闘シーンはやはり特撮技術が素晴らしいため圧巻だった。

戦車が土手を進軍するシーンもとても良くできていたと思う。今でも通じる怪獣映画であると思う。