マトリックスの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

マトリックス1999年製作の映画)

THE MATRIX

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「マトリックス」に投稿された感想・評価

既視感について史上初めてなされた正しい解説
20年前の映画だなんて信じられないくらいストーリーも映像も現代的。香港や日本の影響が表れているのがわかった。見ていて心が疲れたし、予想できないどんでん返しがすごかった。今生きている世界が現実かどうか疑う。コンピュータに支配された人間というのは映画の中だけの話ではないのかもしれない。預言者の話が出てきた時イスラエルにユダヤ教ができた時もしかしたらこのような感じだったのかもしれないと思った。ネオとトリニティがモーフィアスを助けに行くシーンがかっこよすぎた。人間は辛くないと現実だとしないため理想郷を現実だと考えない、とか哺乳類は環境資源と均衡を保つが人間はそうでないため哺乳類ではない、とか内容がいっぱいだった。
MTOM

MTOMの感想・評価

-
キアヌイケメン
私的に歴代SF映画の5本の指に入る大傑作。

予告で見た時は、もうみるからに漫画な映像で、これは大コケかなぁ?と思って観に行かなかったんですが、その後DVDで借りて観た時に、もう大衝撃を受けました。


ごめんなさい。
観に行かなかった私がバカでした。
マジで自分を責めました。

なーんでこれを映画館に観に行かなかったのか、激しく後悔したのを未だに思っていますw


よくわからん現実が現実ではない!という衝撃の場面から一気にストーリーが加速します。加速するっていうか、もう情報量がものすごくて、付いていくために必死というレベル。


プログラムの世界だからなんでもあり。


このアイデアはホントに革命ですね。

プログラムの常識を人間の世界に融合させたら、ヘリの操縦、カンフーの習得はデータを脳にダウンロードするだけ。


いや、もう、やられたぁー!って感じですよ、コレ。

プログラムの世界だから、銃から発射された玉を止めようが、人間には不可能な動きをしようが、次の行動を予測しようがいいんです。
エージェントは他のプログラムを書き換えることで瞬間移動できる

だってプログラムだもんww



ターミネーターとはまた違った機械 vs 人類を描くことに成功しているのは、哲学的というところです。

人間の根源的な行動規範とは何か。

プログラム的思考の観点から我々人類に問いかけます。


マトリックスとは何か。


AIに向き合う現実がもうすぐやってきます。


このプログラムという考え方は、人間みんなが知っておいても損はない。
ば

ばの感想・評価

3.7
思った以上にお話が複雑で
ん?ってなるとこもあったけど、AIとの戦争っていうテーマを20年前におもいついたのすごい!
ただ銃弾避けるだけの映画だと思ってたよ
2019/7/14
わたし

わたしの感想・評価

5.0
20周年ということで、ひっさしぶりに鑑賞。もう見るの10回目くらい。でもやっぱり面白い。めちゃくちゃ面白い。

アクションはもちろんのこと、映像技術、セリフ、ファッション、音楽、すべて最高。
まずアクションは、ブルースリーへのリスペクトたっぷりで、加えていろんなジャンルの武術が詰め込まれてる。スピード感あるフィストファイトもあれば銃撃ちまくるのもいいね。
映像技術はもういまさら言うまでもない。小学生のころ何度も巻き戻して見てた記憶あるけど、改めて見ても良かった。なにこれ?
セリフも大好き。オタク心くすぐるSF用語や宗教・哲学にまつわる言葉の言い回し。「選択すること」「すでに選択していることを信じること」が一貫してメッセージとしてあってアツい。画面はスタイリッシュなのに、めっちゃバイブス。

20年経っても世界観本当に色褪せないなあ。
ファッションが大好き
M

Mの感想・評価

5.0
DVD所有