渚のシンドバッドの作品情報・感想・評価・動画配信

「渚のシンドバッド」に投稿された感想・評価

kyn

kynの感想・評価

5.0
こんな映画が見たかった
【それぞれが抱えてるモヤモヤ、もし爆発したら…?】

表情、指先の演技から伝わってくるヒリヒリ感が凄い。
画面に釘付けになってる自分の表情筋がこんなに動く映画って久しぶり。
吉田&伊藤役それぞれ良いし、
その2人を囲む周りのクラスメイトもリアル。シビれた。

2016.07.30レンタルDVD
駁

駁の感想・評価

4.3
∑d(ゝ∀・)イイッ!!相原
なか

なかの感想・評価

-
岡崎京子がこの作品の浜崎あゆみを観て「なんか一人で世界と戦っているかんじ」って言ったらしい
PARPAR8266

PARPAR8266の感想・評価

3.7
浜崎あゆみが出演していることに驚くとかのレベルじゃなくて、女優【浜崎あゆみ】がとても素晴らしかったことに驚いた。
こんなにしっかり女優業をやっていたにも関わらず、どのようにして日本を代表する歌姫に転換したのかが気になる。それくらい素敵だった。
というか、まず、めっちゃくちゃ可愛いし。こんなに美人なんだ!と。当時の若者からしたら浮きまくるルックス!凄い!!

内容としては、胸が締め付けられるシーンが多くて、橋口亮輔監督は人間の心情を映し出すのが上手い。
単なる学生ではなく、割と序盤から各キャラたちの奥行きが見えてそれが交わったりぶつかったり、傷ついたり、あくまで無理のない演出で嘘のない世界を作り出してるところが秀逸だな、と思った。
岡田さんめっちゃ上手だったし。

今作をイマの社会で作るとグザヴィエドランっぽくなるのかな?なんて考えたりもした。
Nakao

Nakaoの感想・評価

4.5
傑作。

同性愛に目覚めてしまい苦しむ男子校生と親友、レイプ被害者である少女。

橋口監督だからこそ撮れた「好き」の難しさ、苦しさが詰まった青春劇。吉田君は悪くない、悪くないよ。でも...

浜崎あゆみの存在感と演技力の高さに驚き、一気に好きになった。
C

Cの感想・評価

4.2
いい映画。同性愛と異性愛と家族の問題を抱えた高校生達の青春映画。吉田めちゃくちゃ良い子だと思ってたら最後の方めちゃくちゃクズっぽくなってたけどこれが普通なんだろうなあ。男友達に愛を告げられても抱え切れないし自分は自分で女に欲情しちゃうし。
「吉田君、私のこと好きになったんじゃないよ。私が女だから好きになっただけだよ。」
ちゃんと好きって難しいなあ。肉体や見た目ではなく人と人との在り方。清水さんは生きるのしんどそうだなあ
あゆはいつ出てくるんだと思ってたら最初から出てた。
糸

糸の感想・評価

4.0
「吉田くんはあたしのこと好きになったんじゃないよ。あたしが女だから好きになっただけだよ。」ってセリフとワンピース着た伊藤に間違って抱きつくシーン、ガツンと殴られたような衝撃だった 私は恋愛対象として男の人しか好きになれないし、それは女の格好をした男の人でも男の格好をした女の人でもたぶんだめで、そう考えると人を好きになるきっかけって結局その人の肉体を愛すってことになってしまうのかな ちゃんと好きになるってどういうことなんだろう ここにきてまたわからなくなったしこれからも当分わからない
やーーーーばい
sfall

sfallの感想・評価

5.0
一生見続けるだろう映画に出会ってしまった


ずっと彼らは幸福と不幸をいっぺんにくらい続けているようで、何か絶対に幸せではないし痛いんだけど不思議と満たされている
「じゃあ、それでいいじゃん」という台詞で私も許されたような気がしたけど優しすぎて駄目だった

そしてストーリーを別にしても心地よいシーンの連続 特に栞紐をくちゃくちゃ噛んでるシーンが好きだった
歩き出すタイミングと電車の発車が同期している所が気持ちいい
あとは何度かある脚だけが映る所や面会シーン、ラストシーンなどの視点の近さ遠さがすごく「感覚」だ、映るべき所だけがぴたりと映っている、知りたいことを知れるちょうどだけが映る情報の削ぎ落とし方
言語化出来ない領域の気持ちよさが沢山あって、監督は肌感覚的なものを大切にしているように思った
>|