けんぞー

隠し砦の三悪人のけんぞーのレビュー・感想・評価

隠し砦の三悪人(1958年製作の映画)
4.0
フォースの覚醒鑑賞前に観ておかなければ!と思っていた作品。

黒澤明監督の作品は初めて。
約50年前の映画なのにすごく観やすかった。脚本が良いからなのかな。

そしてスターウォーズファンならほとんどの方がご存知の豆知識。
ジョージルーカスが『スターウォーズ:エピソードⅣ』を作るにあたって多大な影響を受けた映画がこの『隠し砦の三悪人』。
いざ観てみると随所に参考にしたんだなと思えるシーンが(⊙ꇴ⊙)

・最初の百姓2人が言い争いながら平地を歩いていくシーン=エピソードⅣの最初C3POとR2D2が砂漠で言い争いながら歩くシーン
・離れ離れになった百姓2人が再会するシーン=C3POとR2D2が再会するシーン
・三船敏郎演じる六郎太=ハンソロ
・勝気なワガママ姫=レイア姫
パッと思いついただけでもこれぐらい。
観ながらニヤッとしてしまうシーンが多かった。

スターウォーズ最新作鑑賞前に観れて良かった名作。