ユートスカイウォーカー

メリダとおそろしの森のユートスカイウォーカーのレビュー・感想・評価

メリダとおそろしの森(2012年製作の映画)
2.8
『インサイド・ヘッド』を観る前に、ピクサー長編でコレだけ唯一観てなかった。

ピクサー初の女の子が主人公ということで結構期待していたんだけど、これは…ピクサーの中で最も薄っぺらい作品だった。

まず剣、弓、魔法が活躍するがっつりおとぎ話なテイスト。
メリダは弓の名手でお転婆な王女。
この手のおとぎ話にはよくある、メリダの結婚を巡って母娘の絆が描かれる。
ピクサーブランドというより、ディズニー色の方が強い。

しかしながらこの程度の母娘の絆を描いた作品はそこら中に転がっている。
天下のピクサーならもう一癖も二癖も加えられたんじゃないかと。

せっかく弓の腕を披露するシーンはメチャクチャかっこよかったのに、弓の名手だという才能も特に生かされることなく終わってしまった。

絆や運命を描く上で必要な問題が発生するが、この問題解決があまりにもひねりが無い。
しかもこれに対してメリダはテヘペロぐらい。
力強く生きる女性を描きたかったのかもしれないがどっちにしても中途半端だ。

ただ、娘を守ろうと自分の命をかける母親の姿には少々うるっとした。
母親の姿が熊だったことが、守ろうとする力強さを増幅させ僕の士気を挙げたのかもしれない。

いい点で言うと、CG技術の進歩だ。
ピクサー初の長編『トイ・ストーリー』と比べるととてつもない進歩だ。
メリダのボサボサヘアーの一本一本や、広大な大地を引きで描いたり、特に水の流れの綺麗さは見事だ。
『ウォーリー』で美しい宇宙を見せられた時、ピクサーの集大成だと思ったが、新しい作品を作り出すたびに進歩していく。これはほんとにすごい。

またCGアニメならではなんだけど、音響が毎度素晴らしい。
本当によく7.1chが作り込まれている。
もともと録音という概念が無いからつくり込みやすいんだと思ってる。

あとちびっこ三兄弟はむちゃくちゃ可愛いが、ミニオンほどのマイノリティはなかった。

熊となってしまった母親と心を通わせるために用意されたシーンなんだろうけど、川で魚を取るシーン。
あれ、ただの熊やないか!

あ、オマケムービー観てないや。
観てから追記しまーす。