key

ショーシャンクの空にのkeyのレビュー・感想・評価

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)
5.0
こんなに気持ちが洗われる映画だとは、正直思っていませんでした。

この映画について全くの無知であった事に本当に感謝。冤罪で刑務所に入ったくらいしか知らなかったので、見事に驚きの連続でした。

(あ、雨の万歳のシーンがパッケージになってたのか)
とか初歩的すぎる。笑


「心は石で出来ているんじゃない。看守の手には触れられない何かがあるんだ。」
「お前は何の話をしているんだ?」
「希望だよ」


生きている限り希望を失ってはならない、みたいなそんな使い古した言葉ではないから良いなあ。
メッセージは勿論そういうことなんだけど。

ティム・ロビンス、モーガン・フリーマンの存在感、突きつけられる現実の冷酷さ、アンディの人格を通して生まれてきた言葉たちが作品の深みを作っていて、すぐに作品に入り込めました。

アンディを支えたのは希望に他ならないんだけど、それが他人からは地に足をつけていないような夢に近いような希望に見えても、自分自身を奮い立たせ続ける信念にも近いものこそが希望なんだ、こうしたいなあという想いが次の瞬間にはどこかに飛んでいってしまうようなものは真の希望ではないんだって教えられた気がしました。

実際に無実で、心折れてもおかしくない状況下にあり続けたのに、あのアンディのラスト!!
内に秘める想いの強さは今までみたどんな主人公たちにも負けない強さでした。すごい、強すぎる!!アンディ先輩!

暗いオープニングから、これでもかと爽やかさと感動に包まれるエンディングのコントラストは圧巻です。
名作、もっと観てみよう。