aya

ショーシャンクの空にのayaのレビュー・感想・評価

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)
4.3
約140分と尺長めではありますが、衝撃の連続でほんの一瞬に感じます。

ティム・ロビンス演じる主人公が殺人の罪でショーシャンク刑務所に投獄されてしまいます。そんな彼の、長い年月での出会いや別れ、その中の様々な葛藤を描いた物語。

実は主人公は殺人を犯していないんですが、その頭脳レベルの高さ故に、刑務所側の思惑に巻き込まれてしまいます。


ティム・ロビンスってこんなに魅力的な俳優だったのか~と見ながらしみじみ。
何十年にわたる刑務所での暮らしで変化していく容姿と、その演じ方も見物です。

モーガン・フリーマンも主要人物として出演していて、また彼の演技に引き込まれちゃうわけですよ。もうやだこの人。的確に良いキャラで攻めてくるよね。泣けるからやめてほんと。


圧巻のラスト20分ぐらいがとくに好きです。
正直、結末としてはスッキリ終わる感じではありません。これからあの2人がどうなっていくのか、ショーシャンク刑務所がどう変化するのかなど謎めいたものは残りますが、確実になんともいえない感動と興奮が残ります。

自分の人生についてじっくり考えたくなる作品。
雨の日にジャケ写のポーズを真似したくなる作品。
そして、自由だー!!!と叫びたくなる作品。



間違いなく、オススメの1本です。