kaito

ショーシャンクの空にのkaitoのレビュー・感想・評価

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)
5.0
Brooks was here.

幼い頃に観たことのある映画でしたが、全く内容を覚えていませんでした。刑務所という限られた空間を舞台にした映画。

マイベストムービーに入ることは間違いないです。「高評価なのが分からない」「良さが分からない」と言っている人がお目にかかれますが、分からないなら分からなくて大丈夫です。人それぞれだから。ただ自分にとっては最高の映画でした。

アンディ役のティムロビンスが本当に良かった。特に、鍵を締め切った状態の放送室で音楽を流すシーンが素晴らしかった。雰囲気が暗かった刑務所に太陽の陽が差し込んだようであった。

この映画から学べたことはたくさんあります。刑務所の中が辛い世界であるわけじゃなくて、刑務所を含めたこの地球自体が辛い場所であること。この場所で、必死に生きること。希望を捨てないこと。生きていることの素晴らしさ。生きる上で大切なことなど、たくさんのことを学ぶことができました。
改めて(内容しっかり理解したうえで)観ることができてよかったです。