カモメ

ショーシャンクの空にのカモメのレビュー・感想・評価

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)
4.0
名作中の名作ですが、見たことがなかったので鑑賞。
もっと悲惨なお話かと思っていたのですが、こんな前向きになれる映画だとは思いませんでした。

○妻殺しの罪を着せられ冤罪によってショーシャンク刑務所に投獄された若い銀行員アンディ。ショーシャンク刑務所では、刑務官による虐待が横行していたり、同性愛者の受刑者に性行為を強要されたりと、とても劣悪な環境だった……。

刑務所内で何でも手に入れてしまう調達屋のレッド。モーガンフリーマンがとてもはまり役でした。
物語はこのレッドの視点から刑務所内の様子やアンディの行動を語ります。主役はアンディなのに、アンディが何を考えているのか、何を思って行動しているのか、というのは最後まで明かされません。
(レッドの主観で「彼はこう思っていたんじゃないか」というのは語られますが……)
そういう余白部分も含めてとっても面白かったです。

理不尽な目に合って殺されてしまう人や社会に馴染めず人生をドロップアウトしてしまう人など、スティーブン・キング原作らしく悲しい目に会う人々も出てくるのですが、なぜかこの映画を見終わった後には清々しい気持ちになれる。
希望を捨てたはずのレッドの心にはアンディという希望があったからこそ救われたんだなと思える良いラストでした。