TEIMAIL

ショーシャンクの空にのTEIMAILのレビュー・感想・評価

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)
4.8
ショーシャンクの空に(1994年公開作品)
※視聴回数 1回

名作。"テーマ"や"何を伝えたいか"ってのが人によって解釈が変わりそうなのが、この映画の特徴。個人的には「どんな絶望的な状況でも希望を持てば変えられる」だと感じ取った。

ストーリーや展開は終始暗くて重いのだが、最後ちょっとだけ明るい気持ちになれる。今までモーガン・フリーマンをあまり好きではなかったんやけど、この作品を見て見方が変わった。演技が圧倒的に上手すぎる。あのなんとも言えない哀愁を漂わせた演技ができるのは、この人だけ。物語の軸の部分が不透明なまま終わるため、考察しがいがある。実は妻とゴルファーを本当にアンディが殺していた説もある。

「もし自分も冤罪くらったらどうなるんだろか?」と色々考えながら見てしまう。収容所の生活が長すぎて社会に溶け込めなかったお爺ちゃんとか切なかった。アンディに勉強教えてもらった若者も素直な良い奴なのに殺されてしまう。

1番の名シーンは脱獄後に雨を浴びるところ。そこはみんな同じだろうけど外せない。でもレッドが最後仮釈放の検査受けてる時に言った台詞はもう1回聞きたい。あの2人の物語はアレで終わりではない。あの後も2人は社会の理不尽さに葛藤しながら生きてくのだろう