ショーシャンクの空にのネタバレレビュー・内容・結末

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

上映日:1995年06月03日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ショーシャンクの空に」に投稿されたネタバレ・内容・結末

本当に更生したら自分で更生したとは言わない。
だから仮釈放が可能だった?
刑務所にいる人全員が無実だと言っている間は更生しているうちに入らない?

アンディー素晴らしいくらい賢い。

世の中の人は釈放されることがいい事だと思うけど、50年も刑務所にいる人からすれば外の世界は怖いもので死にたくなる。


必死に生きるか、必死に死ぬか


これは何年後かにもう一回見たい。
色んな人々から名作と言われて
気になって見ることにしました。

去年プリズンブレイクを見ていたから
なんだか懐かしい気持ちになった笑笑

演技力やストーリー展開などもよく
名作でした。
主人公はもちろんアンディーだけど
語り手はアンディーではなく
モーガンフリーマンが演じたレッドでした、アンディーの気持ちや違う人たちの気持ちになり物語を見るとまた違った風に捉えられる。

アンディーを演じたティム・ロビンスが
トム・ハンクスとレオナルド・ディカプリオに似てる気がする
比率で言うとトム7 レオが3くらいかな?

何回か見たくなる作品でした。
アンディーが脱獄しポスター画にもなっていた両手を上げるシーン特別感動とかは俺は無かったけど何度も見たくなる作品でした

あらすじ⤵︎ ︎
恋人とその愛人を殺した疑いで逮捕された元銀行員のアンドリューアンディー・デュフレーンは ショーシャンク刑務所で調達屋のエリス・ボイド・レディング通称レッドと出会いさまざな事が起きて物語が展開する

2019年130本目
不朽の名作は多くの事を内包する

今の私には、これを理解する力が残念ながら無かった、それほど深い
面白いのか、面白くないのか
分からなくなる、でも観ることをやめることはできなかった。


この作品は言わずとしれた名作らしい
というのも、浅学な私はこの作品を知らず、母親に昔勧められた


はっきり言って、1時間50分位までは訳が分からなかった
話の内容が分からないというのではなく
言葉に出来ないが訳が分からなかったのだ。

しかし、ラスト脱獄するところからは
胸がスッとするような展開になり
あーこのためにここまで、私は耐えてきたのかとも思ったがそれも違う

普通の作品なら最後スカッとして良かったです。で終われるのだが
名作はそうはならない
分からないことが沢山残るのだ
それは表面的に分からないではなく
形容できない分からない

それは歳を取って
また見返すと違って見えたり
新しい発見ができるのだろうと思う。


名作は1つの作品の中に沢山のことが詰まっている。

主人公だけでも話はできるし
レッドの目線からも話はできる
刑務所というところでも話せる

名作は時代のテーマを先取りする
釈放された元犯罪者の社会復帰は
現代の日本でも問題視されている
特に高齢者は釈放された後に社会復帰が難しく、再び罪を犯して捕まる
なんて事も多い

これは25年前に撮られた映画であるが
25年後の現代にも通じる問題を投げかけている。


2019/08/18時点の私では、この作品のスコアを付ける事が出来なかった。

最後まで見る事が出来たのに
見たあとの完了感はなく
面白いのか面白くないのかも分からない

いつか、またこの作品を観たときに
スコアが付けられるようになったらいいなと思う。
ブルックスとトミーの死は辛かった。
観ててスカッとする映画。
主人公が捕まる。
いつまでたっても洗濯係をやっている男と、その仲間の話でした
名作。主人公が法的に無実を認められて、ムショを出る話なのかと思ったら最後にどんでん返しが来てやられた〜〜って思った!笑

この映画は希望を持ち続けることの尊さと、生きる知恵を持つ人が生き残るんだということ。そして友情。
とても大切なことを教えてくれます。
終盤にかけてどんでん返しというか、最後まで見ないと分からない映画ですかね。
刑務所に入った人たちの人生にフォーカスされていて、生き方について考えさせられます。
特におじいちゃんが自殺してしまったシーンは、悲しくなりました。欲しかったはずの自由は、時が経つと色褪せてしまうんですね。中にいる方が生きやすいなんて、残酷です。
ラストシーンは壮大で、約束を果たすモーガンフリーマンに友情を感じました。
真面目に生きていても報われないことはある、自分の人生を自分で切り開いて行くことの大切さ、人間関係を築く上での喜びや大変さ、時には耐え忍ぶのも必要であることなど、いろいろなことを学び、考えさせられた。
アンディの人間性は確かに魅力的だったね。
とても面白かった😌
2019年58本目。
個人的今まで観てこなかった名作シリーズ。
境遇はどうあれ、友だちっていいな…。

人生は、"必死に生きるか、必死に死ぬか"。

仮釈放されて社会に復帰するも、見えない恐怖と慣れない生活に辟易して、ブルックスと同じ自殺の道を選んでしまうのか…ってところに、アンディーとの約束を思い出して、「俺は生きるぞ」と強く決意したレッド(モーガン・フリーマン)がかっこよかった…

ラストシーン、真っ青な太平洋を臨む浜辺で再会するアンディーとレッドのハグに、思わず涙腺が緩んで…😭
>|