ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

上映日:1995年06月03日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

ねむり

ねむりの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

脱獄したこととその方法がわかったときいろんな伏線が回収されておぉ……ってなった。好きなこともそうじゃないこともとりあえず勉強して色々たくさん知って、好きなことは掘って掘ってはまっていって、教養をたくさん得て、ってこと大事だなーって思った。勉強しないと!

このレビューはネタバレを含みます

カラスがアンディー、鳥かごが獄中、ブルックスがレッド、空が夢
こういう相関関係のある立体的な映画は2度楽しめる。前者はバッドエンド、後者はハッピーエンド、この違いはなんだったんだろう?
つる

つるの感想・評価

4.2
昔からタイトルは知ってたけど見てなかった映画。

恋人が雨の日にショーシャンクごっこの経験があると聞いて、え?何それ!ってなってて、パケ写見て納得🧐

刑務所の先輩と冤罪で新入りになった青年の話。刑務所内での人間ドラマ。グリーンマイルもそうだけど、中の生活って意外と楽しそう。いろんな人がいて、寝食を共にする毎日。家族みたいに。

ラストの爽やかさ!くう〜っ!となる。
雨のジメジメした時期にもってこいの映画。ショーシャンクごっこ、わしもしよ🏊‍♂️
Sakamoto

Sakamotoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

名作、それには間違いない作品。しかし、観ていて気持ち悪い映画だった。

この映画、辻褄が合わないことがたくさんあって非常に困る。多分考えられて置かれたことなのだろう。アンディが冤罪である確たる証拠も有罪である確たる証拠も映画には描かれていないように思えた。ただこの映画監督はアンディが冤罪に見えるように演出したのは確かだ。

有罪か冤罪か挙げだすと両方ともキリがないし全てが確たる証拠にならないので1つずつあげることにする。

有罪の証拠は、なぜ中でよろしくやってることを知りながら浮気相手の家の前まで行きドアも叩かずに拳銃を捨てて車で帰ったのかということだ。
殺さなくとも拳銃取り出すほど取り乱すならドアぐらい叩いて止めに入るのが普通だ。しかも酔っていたなら尚更収まりが効かないはずだ。

冤罪の証拠は真犯人らしき罪人の供述だろう。しかし、あれはサイコパスの戯言かもしれない。たまたま登場人物が一致しただけかもしれない。事実、真犯人の供述と死体の状況は一致していない。

なので、自分はこの映画のメッセージは、「良い意味でも悪い意味でも人は希望を求める。また、そのこと自体は素晴らしいことであるし、希望がないことは耐え難い絶望だ。だからこそ、社会は罪を犯した人間に公正な判断をし正当な償いをさせなければならない。」ということだと捉えた。
実際、この映画では冤罪らしきものと汚職刑務官の様子と行き過ぎた償いを描いていた。

一見するとこの映画ハッピーな映画のように見えるかもしれないが自分はそうは決して思えない。
自分には複雑な社会問題を描いた難しい映画に思えた。
yuiii

yuiiiの感想・評価

4.3
記録用
さー

さーの感想・評価

2.0
え〜これが名作なん
うーん、、、。
小麦

小麦の感想・評価

4.8
学校の先生のオススメ
mi

miの感想・評価

5.0
何度逆境に立たされても常に希望を持ち続ける主人公のアンディに勇気付けられる。生きる上で苦しみからは逃れられなくても、その中で楽しみを見つける事がいかに大事か教わった。
けっち

けっちの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

アンディーは絶望的な状況でも希望を捨てず、その時自分にできることを積み重ねてチャンスをものにし、思い描く未来を手にした。希望を持つこと、そのためにできることをこつこつ行うことの大切さを改めて教えてくれた映画。
また、自分の世界を持っていること、信頼できる心通わせられるいい友人がいることが人生を豊かにするのだと感じた。
>|