ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.2

あらすじ

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

stne

stneの感想・評価

4.5
ブルータスの特集に『今さら観てないとは言えない映画』というのがあったけれど、私にとっては本作がまさにそれだった。そして多くの人が口をそろえて言うように、まごうことなき素晴らしい作品だった。観賞後、映画が持つ確かな暖かさが私を包む。

夢、希望、愛、絶望、恐怖。映画が描くテーマは基本的に同じだ。だから個々の作品は、それをいかに映し出すかこそが重要になる。主人公への共感と結末の納得なくして、私たちは物語に没入できないからだ。そして、大きな感動もそこにはないからだ。

本作を観た多くの人が心を動かされる理由はそこにある。確証もないのに投獄され、刑務所でも待つ凄惨な出来事。そんな彼はしかし希望を語り続ける。絶望的な状況でも常に光を失わない理由と、待ち受ける結末を知るとき、強い感動が私たちに訪れる。主人公への没入と終わりに迎えるカタルシスという面において、そしてプロットとセリフ回しにおいて、この映画は圧倒的に素晴らしいのだ。

「夢を叶えることは素晴らしい」「希望を持ち続けることは大切だ」文字に起こせば何ともないそれらを僕たちに信じこませるために、映画は二時間に引き延ばされ、物語として私たちに提供されるのだ。そこに納得というスパイスをかけて。

本来ただの作り話である映画をそれでも観る原初的な理由を、この作品は思い出させてくれた。

もちろん感動的な二時間を過ごしたって現実は何も変わらない。だけど、映画を通じて夢を見ることが無駄なことなどでは決してないこともまた私たちは知っている。それは、例えば「また明日頑張ろう」と思わせてくれるといった、確かな具体性をもって私たちに影響を与えてくれるからだ。

本作はこれから節目節目で何度も見たくなる作品だ。そして、映画好きなら、確かに今さら「観てない」とは言えない映画に違いない。
はじめて号泣した映画 わたしの号泣デビュー作

このレビューはネタバレを含みます

「脱出シーンぐらいしか見てないけどおもしろかったです」

英語の授業で見ました。古い映画だったのでおもしろくないのかと思ってめっちゃ寝ちゃいました。笑

脱出シーンメインで見たんですけど、おもしろかったです。多分前半もおもしろいです。
mushikera

mushikeraの感想・評価

4.7
普及の名作👍

刑務所内の狭い世界でのお話だが、これがなかなかに深い😤

ティム・ロビンス演じる、毛色の違う囚人アンディーの不思議な魅力に惹きつけられ、刑務所内の世界の怖さや囚人達の様々な人間ドラマが見事に描かれている。

外の世界との違い、刑務所に入ることがどういうことなのか、入った人間がどうなってしまうのか、、、

そして終盤の衝撃の展開❗️
・・・からのラストシーンは穏やかな映像ながらもトリハダが立つほどの感動‼️


たしか3回目の鑑賞だったが、やはり最高に面白かった^_^
浦島

浦島の感想・評価

5.0
いい映画
刑務所の中っていう特殊環境の中で起きる人間劇

元囚人の未来とか刑務所の中の生活とか、苦しくなることや目を瞑りたくなることもたくさん出てくるけど最後希望をもてる
空をみたくなる
Sanomaru

Sanomaruの感想・評価

4.0
結構前に観たけど…
評価の通り良かった(^^)
短い時間の中にあれだけの内容を詰め込めるのが素晴らしい。
面白かった。
人間性の深さとか、景色の綺麗さとか、見応えがあった。
また時間が経った頃に観たいなーと思う作品。
YA

YAの感想・評価

4.2
最後の爽快さ
やん

やんの感想・評価

4.5
名作という単語に相応しい映画
演技、脚本、演出の三拍子が揃った名作の見本
希望は素晴らしい。

ずっと胸が苦しい2時間だった。でも希望は温かかった。
>|