ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価・動画配信

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

上映日:1995年06月03日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

Takeseeeed

Takeseeeedの感想・評価

4.5
久しぶりに見直しましたが、いい映画でしたね。
テンポも構成も良かったです!
世にも奇妙な物語の13番目の客を思い出しました。アンディーの心が折れなかったのは、単に自分が無実なだけではないような気がします。聖書が出て来ていたので、アンディーはイエスのメタファーだったのかなと思います。

希望は決して滅びない。
今は暗い世の中ですが希望を持って明るい光に向かっていきたいですね。

このレビューはネタバレを含みます

無実の罪で監獄行きとなる銀行員
監獄で男と出会う
次第に仲良くなっていく
図書室を作り、数々の功績を残す
所長の悪事に加担させられる
新入りで入ってきた男が彼の無実を証明するための鍵になるキーマンだった
そのキーマンが所長によって殺される
脱獄用に作ってあった抜け穴から脱獄
脱獄して、監獄の悪事をバラす
所長、自殺
そのまま自分の人生を生きていく
監獄で出会った男が仮釈放された
彼との約束の地へ向かう
そこには手紙と現金が残されていた
「君に手伝って欲しい、親友へ」
その手紙を頼りに、胸に希望をのせ、
彼の元へ向かう
太平洋、船を修理する彼を見つける
2人は再会のハグをする
かなりいい。
みぎ

みぎの感想・評価

4.7
大切なのは「希望」を捨てないこと。
かな

かなの感想・評価

3.8
映画好きって言ってるのに、これ見てない自分が許せなくてみた
そこまで重すぎないし、最後もハッピーエンドでよかったぁ
やっぱり名作は面白い

でも、ちょうど今ネトフリで、囚人のドキュメンタリー(ジェイルバード)見てるから、こんな良い囚人ばっかりの平和な刑務所現実的じゃないよなって思っちゃった
すみれ

すみれの感想・評価

4.3
映画は殆ど観ないけど、キスマイの藤ヶ谷太輔がバラエティ番組の
設定の中で「人生の教訓になった映画」でこれを挙げていたので視聴。
(キスマイのファンではない)

キーワードは「希望」「HOPE」
正直、細かい突っ込みどころはたくさんあるけど、突っ込みたくないほど
俳優たちの演技が素晴らしかった。
2時間という枠の中に無駄なシーンが見当たらない。
途中ダレルこともなく最後まで見入ってしまった。

特に、ナレーションも兼ねていたレッド役のモーガン・フリーマンがとてもいい!
静かに語るナレーションも演技もいい。

「希望」「HOPE」は主人公だけではない。レッドもそう。 
希望を捨てず、アンディを信じたラストが良かった!
アマプラで見たが、まさに「さわやかな感動」だった。

どうでもいいことだけど、レッドって頭がいいなと思った(笑)
自分だったら、あの地名覚えてない。
たくみ

たくみの感想・評価

4.4
説明不要の名作
諦めないことの大切さ
ほの

ほのの感想・評価

4.0
心の豊かさを忘れちゃいけない
レッドの釈放前の面談の言葉が好き。アンディーのところに向かうレッドの言葉も好き。

必死に生きるか、必死に死ぬか。
必死に生きるレッドも好き。
>|