ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価・動画配信

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

上映日:1995年06月03日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.3

あらすじ

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

シゲ

シゲの感想・評価

4.4
自由の尊さを感じた映画だった。

このレビューはネタバレを含みます

伏線とかも凄いし、見終わったあとめっちゃ良い気持ちになる。屋上でビール飲むシーンと脱獄して空を仰ぐシーンと最後の太平洋のシーンが心に残る。冤罪はダメ、絶対。
Yuka

Yukaの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

友達に勧められて観て、内容忘れてたので再度鑑賞。

刑務所での生活を描いた物語。
刑務所内での友情や、警官との関係を描いた映画。

警官の奴隷のように働く受刑者。
頭が良い人は、その能力を使われ、その他は肉体労働。
ある意味現代社会とほぼ同じ状況だなって感じる。結局は誰かにためといえばカッコ良いが、奴隷と言ってしまえばそれまで。

最終的には希望を追う物語だが、
印象的なのは、一生懸命生きるか一生懸命死ぬか。という言葉。

両極端の言葉に聴こえて紙一重の言葉。

最終的にどっちにしろ生きるなら希望を持ち、一生懸命生きる選択をしたい。

そんなことを思わせてくれる映画。
のあ

のあの感想・評価

3.0
終わり方はすごい良かったけどちょっと長かった…
(主人公が宮野真守にしか見えないwwww)
全部のシーンが伏線で必要で削れないのもわかるのでうーん、て感じ
ハッピーエンドではあるけど見終わった後に良い気持ちのする映画ではないかもしれないから星3で笑
yama

yamaの感想・評価

3.9
あまりにも有名な作品なので、視聴。小さなハンマーで穴を掘り脱獄した場面は非現実的だと思ったが、地質学の知識をいかして人知れず穴を掘り進めた点や、刑務所に図書室を作り、本や音楽に触れ、心のゆとりを忘れなかった点、元銀行員の経験をもとに相談役をかって出て、会計係として皆に一目置かれていた点など、悲観的にならずに最善を尽くし、必死に生きるアンドリューの姿から学ぶところは多いと感じた。希望を見失わずに生きることの大切さを教えてくれる作品。
2021 6本目
道徳的じゃないのに評価される映画は本物
>|