chako

007/消されたライセンスのchakoのレビュー・感想・評価

007/消されたライセンス(1989年製作の映画)
3.8
シリーズ16作目、ティモシー版007の第二弾!

殺しのライセンスを剥奪されてまで親友のために立ち向かうボンド。
前作以上にハードボイルドな展開がティモシーボンドのクールさを際立たせていて、個人的にはシリーズの中でも好きな作品だと思いました。

アクションも陸・海・空と盛り沢山なのに加えて、終盤でのタンクローリーでのカーチェイスは迫力もの。
血まみれ泥まみれになりながらも立ち向かう人間臭いティモシーさんがかっこいい!

そして、ボンドを心配して休暇を取って駆け付けてくれたQ
歯みがき粉タイプの爆弾、目覚まし爆弾など今回もQの開発道具も大活躍!(以前から思ってたけど、Qってほんと爆弾好きよね…)

開発道具も必見なのだけど、可愛いおじいちゃん好きの私としてはシリーズ史上最高にQが可愛い回でもありました。
ボンドに帰れと言われても危険な現場に一緒について行ったり、ボートで一人去って行くボンドを何度も振り返って見守る姿なんてもう可愛すぎ。髪は白髪なのに変装の付け髭が黒いのは気になったけど、それも可愛いの良し◎
Qが敵と間違われてボンドに殺されなくて本当によかった(笑)

そして最後まで女っ気なくて、裸NG?だったクールなティモシーさん。こうしてみるとティモシーボンドがこれで引退なのは名残惜しい気もするけど、次作は5代目ピアースボンド!久しぶりの鑑賞なので楽しみ♪