007/消されたライセンスの作品情報・感想・評価・動画配信

「007/消されたライセンス」に投稿された感想・評価

いろいろと突っ込みどころはあるが、007シリーズはハラハラドキドキが上手くて面白い。2人のボンドガール、健康的な美人さんでした。
WOWOWにて鑑賞
2020年 399本目

親友の敵討ちに燃えるボンドを楽しめる作品。
バックドラフトばりに爆発シーンが多かったですね。
007シリーズでは珍しくわかりやすい女性との三角関係も見ることができます。
カジキの置物で攻撃してくる的には思わず吹いてしまいました。
2020/9/29
BS-TBS
監督 ジョン・グレン
日本語吹替え版
peco1432

peco1432の感想・評価

3.0
爆発がすごい。
盟友フェリックス・ライターが襲撃されて復讐に燃えるジェームズ・ボンド。00ナンバーを返上して自分の(性欲以外の)感情で突っ走るハードな作品が始まった!っと思わせておいての忍者である。なんじゃそりゃ。
復讐劇の割に、いつものお約束を派手目に入れてるので復讐に本気なのかイマイチピンとこないまま、ラストでもう一回思い出したように熱量が上がるので感情の同期が難しい。
殺しのライセンスを剥奪されたとこがボンドの感情面でしか生かされないのに、感情の同期が難しいなら、それはもはや死んだ設定だ
タンクローリーでの格闘や空中・水中のアクションに見るべきものはあるのだが。
16作目です!
ティモシーボンドはこの2作で役目を終えてしまいますが、もったいないですね!
今作はいつもみたいにクールな振る舞いっていうより人間味溢れた本気のボンドが観れるのでめっちゃかっこよかったです!
アクションもド派手で映画らしくて最高でした!
Qの出番多くて嬉しいです笑。
とても楽しめました!
Hagieen

Hagieenの感想・評価

3.4
ティモシー・ダルトンのボンド2作目。
親友と共に捕らえた麻薬王が脱走、親友夫妻が襲われる。
ボンドはMI6の帰国命令を無視し、組織を離れ単身で復讐に向かう。

ティモシー・ダルトンでのボンド最終作だが、陸海空と乗り物に張り付きタフガイぶりを発揮。全編通してアクション性が強く、ボンドが不死身すぎる。
MI6を離れ「殺しのライセンス」をはく奪されるわけだが、プロット的には孤立無援でいつもよりピンチというシチュエーションを作れるはずなのだが、それなりに協力者もいてライセンスなど関係なく殺していくので、いつもと違うのは命令でなく自分の意志で動いているというところだけ。
MI6の他のOOナンバーからも追われて、とかシチュエーションがあると良かったかも。
り

りの感想・評価

2.9
勧善懲悪の痛快アクションってかんじ(適当)
アクションシーンがとにかく派手だね。
グロいシーン多くてそこはしんどかった。
あんまり話分からんかったけど、笑うシーンもあってまあまあおもしろかった。
ん?これベニチオか?と思ったらデルトロだった。
>|