海の上のピアニストの作品情報・感想・評価

「海の上のピアニスト」に投稿された感想・評価

shinichiro

shinichiroの感想・評価

3.3
脚本で勝ち。
海の上で産まれたピアニストの数奇な人生。
音楽もストーリーも最高。
普段自分も都会に住んでますが、あんなこと深く考えもしなかった。
人生はシンプルじゃないと、大切なことを見失うかもしれないんだなと思いました。
華やかで楽しい、時に物悲しい、ヒューマンドラマの名作。
雰囲気も良くて、またのんびりと鑑賞したい作品です。

タイタニックのような豪華客船ではないけれど、同じ時代の客船。三等室には、やはり移民が多い。誰かが産み落としたのかは分からない、豪華なピアノの上にいた赤ちゃん。面倒な入国手続きで子供が大変な目に合うのを避けるため、発見した船の作業員が育てることになり、彼(1900)は船で育ち凄腕のピアニストになる。
時が過ぎ、廃船になる時…。かつてその船で1900と一緒に働いたトランペット奏者が、廃船の事を知り…彼の物語が浮かび上がってくる。
犬

犬の感想・評価

3.6
アメリカ

1900年、豪華客船ヴァージニアン号の機関士ダニーは、ピアノの上に置き去りにされた赤ん坊を見つけ、その子に“ナインティーン・ハンドレッド”と名付け育て始める
ある晩、乗客たちは美しいピアノの旋律を耳にするが、それを弾いていたのは、あのナインティーン・ハンドレッドだった……

音楽が素晴らしいですね

数奇な人生

過去と現在が雰囲気よく描かれている
会話のシーンも多いですが見応えありました

温かい世界観
船のセットもいい感じでした

あんな風にピアノ弾きたいなぁ〜
SUMIRE

SUMIREの感想・評価

3.5
音楽が素晴らしい。
実話のようにリアルな描写。
bigson

bigsonの感想・評価

4.0
美しいストーリーに美しい音楽♪
素晴らしい✨
過去に好きだったものとか場所とか人とか、みんなもってるやつ。それって必ず滅びる。全てのものは栄枯盛衰する。ニューシネマパラダイスと同じで この監督のそういうとこ、胸に響いてしまうのは仕方ないよね。

大人になると、物や行動を自由に出来るようになる。代わりに、目に見えないものが不自由になるよね。陸ではピアノ、弾けないよ。

そうして なにもかもやり過ごしてる。
>|