海の上のピアニストの作品情報・感想・評価・動画配信

「海の上のピアニスト」に投稿された感想・評価

mom

momの感想・評価

5.0
小さい頃から何回も観ているからか
頭から離れない作品。

Ennio Morriconeの曲も
これまたとても良い。
優れた寓話。
豊かな問いかけを持った映画だが、
寓話的にメタ的にロジカルな構成なのと、
登場人物も男性目線で常に語られるので、
なんとも男男した映画なんだと思ったら、
ニューシネマパラダイスもそういや男男してたな。

一緒に見た男は「魚屋の女の子かわいい」と一言目を発したが、
あれはかわいく、過剰なほどかわいく描かれているんですよ、かわいいのとは別ですよ、とは言わなんだ。
kan

kanの感想・評価

4.0
小さな頃に見てよくわからなかった。
20年ほど経って少しわかるようになった。
もう20年経つとどうだろう。
sironeko

sironekoの感想・評価

4.9
下高井戸シネマにてノーカット版を観れて嬉しい。たまたま知人二人も観に来ていて、満身創痍で死際だった私に光が注いだ瞬間でした。何ヶ月も人と会っていなかったので上映中も帰り道もわんわんと泣き、人生ってこういうことだよなって感じた日。1990のように幼少期から孤独に生きて死んでいくであろうことを悟っている私だけども、この映画があって、そして今日を選んで本当に救われた 忘れない
haruka

harukaの感想・評価

-
ピアニストとトランペッターの2人を主軸にして話が展開されるのだが、出会いと別れのシーンがとても素晴らしい。
音楽がいいね!ピアノ演奏聴いてるだけで癒されます。ストーリーはともかく演奏素敵。演奏聴くためにみてる感ある。
爆破されてしまう船を降りようとしない1900。
88鍵のピアノの中で想像の世界を楽しむ1900。

彼にとって地上の世界は無限だからこそ息苦しいと感じたのかと思うと、一歩も船から降りたことがないのにこんなにも世の中のことを悟っているのに驚いた。資本主義と便利を追求していく現代にあって示唆的な映画でした。

シンプルに名シーンと言える映像もすっごい良かった。

激情的なピアノ演奏の後に熱くなったピアノ線でタバコに火をつけるシーン。
窓越しに恋をして音楽に愛が溢れるシーン。
どちらもドラマティックで監督の表現の幅本当凄い。

こうした回想の物語を担うトランペット吹きと楽器屋のおじいちゃんが話すシーン。
「誰かに話したい物語があって、それを聴いてくれる人がいる限り、人生は捨てたもんじゃない」

哲学と映像美が重層的な物語になった映画。

ピアノが踊ってる。
Saki

Sakiの感想・評価

2.8
ニューシネマパラダイスが大好きだから期待し過ぎていた。
>|

似ている作品