銀河鉄道999の作品情報・感想・評価・動画配信

「銀河鉄道999」に投稿された感想・評価

風神

風神の感想・評価

4.0
TV版とは違う鉄郎による
お祭り映画!

ハーロックの船が旧型。カッコいい!

誰もが知っている音楽が
かかる瞬間が、本当に素晴らしい!

トチロー本当好き!
エメラルダスの気持ちも分かる!

ハーロックのコミックスに
哲郎って名前だけ出てくるけど
誤植?
鉄郎の男性フェロモン凄すぎないかい
出会って3秒で惚れさせる能力ずるいわ
テーマは昔の時代にしては画期的だったんだろうけど、、うーん。
正直今日見たエレファントマンが良すぎて、全ての展開が拍子抜けでした。
ごめん、メーテル。
オリジナル版が気になりますね、見ます。
chiyomi

chiyomiの感想・評価

4.8
『銀河鉄道999』1979 石森史郎脚本 りんたろう監督 声・野沢雅子、池田昌子、他。お金で機械の体を手に入れる時代、機械伯爵に母を殺された少年が復讐のため機械の身体をタダでくれる星へ向かう銀河鉄道999号で謎の美女メーテルとともに旅に出る。現代のSFの全てが詰まってる。
TakashiM

TakashiMの感想・評価

4.1
先日帰宅すると、家でゴダイゴの銀河鉄道999テーマ曲が流れていた。どこで知ったのか、次男が聴いていた。
久しぶりに聴いたらやっぱり名曲。ふと思い立って、アマプラで検索したらあるじゃないか。とりあえずブックマーク。

でもって、今日。
ついさっき観ていた青春映画でノスタルジックな気持ちになっていたのも相まって、ちょいと観てみるか、と。
映画は観たことがなかったが、アマプラのアツい高評価レビューの嵐。。これってもしかして観るべき名作なのか!?
ということでテンションアゲアゲでいざ視聴。
アニメでちょっと観たくらいの記憶しかないが、ストーリーもキャラも知ってるつもり。

さて感想。。
この映画は、テレビのいくつかの話をつなげたものなのかな?
話の展開、というかサブキャラとの心つながりが早すぎるので、いちいち拍子抜け。あっという間に信頼したり好きになっちゃったり。。
いやいやほんの数十秒の展開でそれはないだろ!と。

加えて、コマ割りや映像演出、セリフの古臭さ。。しょうがないとは思いつつも、レトロで昭和な絵面には、中盤以降からは食当たり。
結果、ガッカリ期待ハズレ。

どうにか耐えつつ最後まで観たのだが、、このオチは知らなかった!知ってたのと違った!
期待ハズレどころか、一気に大逆転!!

何十年も前に、こんな壮大で、底抜けに素晴らしいストーリーが存在したのか~・・
松本零士、凄すぎた。。
人間と機械という世界観。そこに込められたメッセージ。いやいや、語り尽くせない。今の映画でもそんなにないだろよ。っていうか誰がこんな物語、また書けるの!?

そんな感覚の中、一気にエンディング。流れるゴダイゴ。。震えました!!

というわけで、数十年越しに、正しい結末を知ることができ、不朽の名作に出会えたのでした。めでたしめでたし。

観たことあったって、、オレの記憶ちょー適当だった笑
つこん

つこんの感想・評価

4.0
銀河鉄道999 昔の有名なアニメで、銀河を列車が旅をする。程度にしか思っていなかった!

たまたまゴダイゴさんのThe Galaxy999を
聴いて、そこから銀河鉄道999になり、見たことないと思い、人生で初めてみました

こんなにも素晴らしい映画が1979年にあった、という驚きが1番大きかったなー

そう思うと、1970〜80はガンダムや宇宙戦艦ヤマトなど、日本を代表する素晴らしいアニメがたくさんありました😁

少年のテツロウが999に乗り銀河を旅し、様々な人と出会って、人は永遠に生きることが幸せではない、限りある命だから精一杯頑張るし、そこに思いやりや、優しさが生まれるのだと気づき、1つ大人へと成長していく!😭
クレアさんは優しい人だった、
最後のシーンとThe Galaxy999の曲がマッチしてて感動ものでした
笑美

笑美の感想・評価

3.7
メーテル、、
子供の頃に何回か観たことがありましたが、かなりわすれていたし面白かったです。

ケレン味とロマンたっぷりの作品ですね。
劇場版だとどうしても駅数も少ないし旅の長さが感じられないのですが、それでも哲郎の成長(変化)やメーテルと哲郎の関係性はちゃんと描かれているかな。

今見るとというか、子供の頃でも突っ込む所が多い作品ですが、面白いです。観ておいて損はないですよね! エンディングテーマは名曲です!

子供の頃でも思ったのですが、機械伯爵のデザインは、当時ですら最新感ないのじゃないの~あと終着駅名ぐらい調べましょう(笑
主題歌の入り方めちゃくちゃカッコいい。

少年が男になる。
そんな作品だったな。
pide

pideの感想・評価

3.7
めっちゃ小さい頃思い出した。
夢のある世界。
大人になったら簡単に色んな星に行けると思っていたな。
そこで色んな人と出会って、と。
僕の中で宇宙といえばこの映画。
だから宇宙ってコテコテの宇宙人がいるというイメージよりも色んな星に色んな人がいるんだろうなってイメージだった。
それが人間だろうと機械だろうと。

メーテルの不思議な感じがまた魅力だった。
2020/10/4
BS12
>|