イチロヲ

乱歩地獄のイチロヲのレビュー・感想・評価

乱歩地獄(2005年製作の映画)
3.0
新人からベテランまでの計4名の映像作家が、江戸川乱歩の短編小説の映像化に取り組んでいるオムニバス作品。鑑賞の際には、あくまでも「企画作品」であることの割り切りが必要。

実相寺昭雄監督が「鏡地獄」のパートを担当しており、いつも通りの実相寺流映画術を披露してくれるのだが、その他のパートまでもが「実相寺調の模倣」という印象が強いため、総合的には没個性を感ぜられてしまう。加えて、作り手が芸術家肌を猛烈にアピールさせてくることもあり、「気取りやがって!」という拒絶反応を誘発させられる危うさを持ち合わせている。

ただ、原作とは異なった「脚色の妙」を楽しむという点では及第点。すごく面白いわけではない。さりとて、つまらないわけでもない。

役者陣に関しては、浅野忠信や松田龍平がいつものテンションのままで芝居しているため、凄まじい眠気に襲われる。最後のパートに出演している緒川たまきの見目麗しさを楽しむことだけは可能なので、彼女のプロモーション映像という意味では優秀。