ピートロ

悪魔の手毬唄のピートロのレビュー・感想・評価

悪魔の手毬唄(1977年製作の映画)
3.9
冒頭からすぐに「なんか見覚えある光景だなあ」と思ったのでググってみたら、やっぱりぼくのふるさとの山梨(昇仙峡)だった。
ミステリの映像化はどうしても說明が多くなるので動きがなく単調になりがちだが、カットや演出のスタイリッシュさでカバーしている…とはいえ約2時間半は長い。
神戸の映写技師の嫁がいちいち汚いふすまをいきおいよく閉めるのが面白かった。