悪魔の手毬唄の作品情報・感想・評価・動画配信

「悪魔の手毬唄」に投稿された感想・評価

冒頭からすぐに「なんか見覚えある光景だなあ」と思ったのでググってみたら、やっぱりぼくのふるさとの山梨(昇仙峡)だった。
ミステリの映像化はどうしても說明が多くなるので動きがなく単調になりがちだが、カットや演出のスタイリッシュさでカバーしている…とはいえ約2時間半は長い。
神戸の映写技師の嫁がいちいち汚いふすまをいきおいよく閉めるのが面白かった。
JTK

JTKの感想・評価

4.6
市川崑監督の金田一耕助シリーズではこれがマイベスト。

裏テーマは、犯人の女性と磯川警部とのプラトニックラブ。
ラストは何度観ても泣ける。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.6
市川崑×石坂浩二による金田一耕助シリーズ第二弾。

一作目の『犬神家の一族』は観たような…観てないような…🤔記憶があやふやなので二作目から観ました。

田舎の寂れた村で起こる手毬唄に擬えた殺人事件。その裏に隠された悲しい真実。
鬼首村って名前からして呪われてそう☠️

意外とコミカルな場面もあったりして、面白かったです。

犯行動機は正直「え!そんな事で人を殺すの⁉︎」て思ったけど、寂れた村で暮らしていたら思い詰めちゃうのかな。

終わってみると金田一はあんまり何もしてないような気が😂

岸惠子さんの美貌と色気を堪能する映画。
葵

葵の感想・評価

3.8
古びた村で手毬唄になぞらえた連続殺人がおきる。女好きのクズのせいで、登場人物の関係性が結構わかりづらく、理解するのに少し時間がかかった。どこか物悲しいラストシーンは現代作品では表現できないものがある。
建物の中を上手く使ってます。
m

mの感想・評価

-
2021-261
Semb

Sembの感想・評価

3.5
非常に哀しい物語のはずなのに、
なぜか少し、ほっとする。
雨と月

雨と月の感想・評価

3.9
息子かわいそ!
動機が弱いなとかそんなすぐ死ぬかとかツッコミどころあるけど面白いんだよね。長いのに飽きずに見れちゃう。
金田一シリーズの独特の世界観すきだわ。
不気味な死体や村全体の描写がとてもよい。
横溝正史原作、角川映画が一世を風靡していた頃の作品。岸惠子、仁科明子、渡辺美佐子、草笛光子、若山富三郎…超豪華俳優の競演は、この頃の角川映画ならでは。
贅沢に上質のミステリーを楽しめる一本。
>|

あなたにおすすめの記事