悪魔の手毬唄の作品情報・感想・評価

「悪魔の手毬唄」に投稿された感想・評価

y

yの感想・評価

3.8
子供の頃に見て怖かった。
私の中ではホラー。日本映画は怖い。
面白かった。ミステリーとして楽しい。また、昔の田舎の閉塞感、おどろおどろしさをよく出している。ちょっとしたギャグも笑える。ただ、私が昔の言葉と方言がわからないから、ちょっと気を抜いてたら何言ってるか理解できなかった。聞き漏らさないようにすごい集中力使った。ててなしごって意味わからなくて調べた。仁科亜季子、岸惠子、めちゃくちゃ美人…。白石加代子、演技すごすぎて後半全部持っていかれた。みんな綺麗で私の好みの顔で演技力が凄くて、最高だった。
shujinc

shujincの感想・評価

3.0
なんとも言えない昭和の雰囲気は好き。若山富三郎はいいな。ストーリーはいつも通り。
小津作品であんなに輝いていた中村伸郎の汚れ具合。ジャニーさんお気に入りの北公次も初々しいし城健三朗が渾身の名演で悲哀な永島暎子も素晴らしい。
和威

和威の感想・評価

3.5
1977年制作と古いためかセリフが聞き取りづらかった。
効果音の使い方も今から見ると安っぽい。
でもやっぱり横溝正史。
因習深い山村で起こる事件と謎解き。
ミステリーの一ジャンルとして世界に誇れると思う。
勝五郎

勝五郎の感想・評価

4.5
なんとも言えないおどろおどろしさが良いです。

岸恵子…いいですね。
若山富三郎、こちらもいい味です。で、ちょっぴり切ない。
石坂浩二…やはり金田一耕助と言えばこの人だなぁ。古谷一行の印象も深いですが、やはり石坂さん、やすらぐよねぇ(笑)
北公次ex.フォーリーブスて訳でちょうどこの映画を観た数日前がジャニー何某さんが亡くなられた日でした。なんだか導かれて観る気になったのか?!

大滝秀治やなんたって我が三木のり平先生も顔を出しております!
やっぱり昭和の役者の皆さんは個性的で実に魅力的なキャストですね。

活動写真好きの私としては昭和6年から広がってきたトーキーの登場で活弁士が非常に苦しい立場に追いやられていった事、その中で「モロッコ」からのスーパーインポーズの問題…この辺のくだりは非常に興味深かったですねぇ。

永島暎子の里子が良かったなぁ…1961年東映版ではこの役が太地喜和子との事…あぁ観たい観たい…ついでに高倉健の金田一も観てみたい。
peche

pecheの感想・評価

3.6
横溝正史原作。
石坂浩二の金田一耕助。

手毬唄になぞらい、鬼首村(おにこべむら)で起こる殺人事件。
全編に漂う昭和の山深い村のおどろおどろしさ。
俳優たちの演技が上手すぎる!
おもしろかった!
記録用

石坂金田一(1977)

2018/9月
横溝正史ファンとして、とりあえず観たけれど。岸恵子のおばさんぶりしか記憶にない。
>|