「SWEET SIXTEEN」に投稿された感想・評価

踊る猫
4.8
強烈な映画を観た、と圧倒された。二度目の鑑賞になるが、肝腎な場面をすっかり忘れた上で臨んだのでこの映画を舐めて掛かっていたことを恥じた(初見では 4.5 点をつけただろう)。だが、何処から語れば良いのだろう。貧困の連鎖、どん底まで落ちた人々。そこから抜け出そうとする姉と、そこに留まって裏社会にどんどんハマって行く主人公。ベタと言えばベタだが、ブレイディみかこ氏の著作を読んで彼の国のそうした社会事情を知っていたからかより生々しく感じられた。詳しく書くとネタを割ることになるが、最初に星空を見上げる場面を持って来たのが素晴らしいと思った。むろん、意図的なものだろう。どん底の地平から空を見上げる主人公の姿は、明るい未来を夢見る少年の環境をはっきり表しているなと(そういう場面を忘れていたのだ!)。ラスト・シーンは切ない。これこそネタを割るが、彼は結局何処にも行けなくなってしまったのだ。それを彼自身の意図的な選択と見做すか、それとも社会状況に責任を押しつけるか。極めて難しく重い問いにぶち当たってしまった。
なつ
4.5
ケンローチ監督。
だめだ……心が、ヒリヒリする。

15歳のリアムの夢は、もうすぐ出所してくる母親と一緒に暮らすこと。
母親と暮らす家を手にいれる為、麻薬売買に手をそめて……。

リアムを取り巻く環境は劣悪。
それは、彼に限った事ではなく、スコットランドの現実。
リアムが母親を慕い、強く愛を求めているのに、それを許さない現実に終始、胸が締め付けられる。
だって、まだ15歳…。
家族と仲よく暮らしたい、愛されたい、それしか望んでいないのに。

心が、ヒリヒリした。
gdbsdta
4.1
今年に入り知ったケンローチの中では、ベスト。
何故か今年はティーンエイジ物を沢山みてるが、その中でも特別印象的。
ディスイズイングランド、ブロンクス物語、マミーなどが頭によぎった。
u
5.0

ジャケットのセンス、
そしてキャッチコピーの
『心がヒリヒリしてる』
惹かれて鑑賞。
ヒリヒリそしてズキズキ痛む…

救いようがないというけれど、
主人公リアムの純粋なキモチが
そうさせてしまっただけだと
私は思います。

でも、まだ15歳。

15歳の自分と重ねてみたら、愛を求める以外に救いがなかった。

大人は判ってくれないね。
setsuO
4.3
『心がヒリヒリしてる』のキャッチコピーに完全に惹かれました。そして鑑賞。

結果、間違いなかった。
名作でした。

主人公リアム(15歳)や親友の年齢がまだ若いからか、とにかく行動が感情的で、粗削りで、始末が悪い感じというか、悪知恵働くんだけどどこか欠けていて、詰めが甘く目が離せない。。

ただリアムは母親思いのまっすぐで良い奴なんです。
そんなリアムがどんどんと大人な環境に入り込んで行くんだが、、、
とにかく…切ない。

エンドロールで気持ちの整理がつかないパターン。
何度か目に涙が溜まるシーンがあったが、
エンドロールで一筋涙がこぼれるような繊細な作品だった。
本当に“心がヒリヒリ”した。
manuca
4.5
とても良い映画でした。スコットランドの曇り空。星が好きな16歳を迎えたばかりの少年。最後の台詞があまりにも哀しい…。
YoshiMia
3.8
舞台はイギリス。15才のマザコン。
大好きなお母さんが刑務所から解放される日に家がないと困るだろう、と
家を買う為にドラッグを売りさばく道を選んだお話。

"THIS IS ENGLAND"が好きだったら
絶対この映画好きです。
報われない胸糞加減は
同じくらいかな〜〜


家族愛が強いガイジンならではの発想
だな〜〜日本人だと少し
感情移入しにくいかも。


しっかし母がクソ過ぎたなぁ
それと、リアムに
その道での素質があり過ぎた




刑務所前でお母さんを抱きしめた頃から
いや
もっともっと前から
エンディングへの予兆が
始まってる気がして
物事もスローに進んでいく感じが

凄く良かった!
でもリアムに他、どんな選択肢があったというのだ

悲しすぎるよ〜〜


こういうイギリスの社会派な映画
ダイスキ!♡
akira
3.0
ビター
やまだ
4.2
対価を求めたら愛ではなくなっちゃうんでしょうが、相応の対価が払われる世の中なら良いのにと。。
好き→女性ふたりに笑われながらヒゲを剃るシーン。オトナになる、結末に向かう切なさ。自分が初めてヒゲ剃ったのはいつだったろう。スネ毛を剃ったときのことは覚えてるんだけどな。
>|