ノウイングのネタバレレビュー・内容・結末

「ノウイング」に投稿されたネタバレ・内容・結末

うおおおお!久しぶりにしっかりしたSF見た気がする!ほんと面白かったぜ!
【ラストシーン以外は代わり映えなし?!!】
いたって普通のパニック映画。
奥が深い、という意見もあります。パンフレットの中でも作家の鈴木さんがこの映画の奥の深さを語っておりました。「そういう風にとらえるのね!」と、共感も出来ます。
具体的には、この映画で地球(主人公である父親)が滅んで、子供達が別の星で人類を存続していくという構成は、自然の流れを象徴している、というもの。
親が先に死んで、その後を力強く生きてゆく子供達、そんな自然の流れを象徴的に描いている、みたいな内容。
「はぁ~!なるほどね」とは思います。ただ、この映画を見て素直に「奥が深い!」とは思えませんでした。

まずはじめに思うのは、「で、何がいいたかったんだろう?」「アダムとイブ?で?だからなんなのよ~!」というクエスチョンばかりが頭に浮かぶ。

「クエスチョンが頭に浮かんだ時点で、観客に考えさせる力のある、奥深い映画なんだ!」なんて言われたら、返す言葉もございませんが・・・


総評として、何がいいたいかわからない映画であり、エンターテイメントとしては他と代わり映えしないストーリー、映像ですね。

ただ一つ、他と違ったことがあります。
それはラストシーン、地球が滅びるシーン。
他のパニック映画ではたいてい、少しくらいはどこかの地域が生き残っているものですが、本当に全てを焼き尽くす。
圧巻ですね。少なくとも私は他の映画でこんなに焼き尽くすシーンを見たことがありませんでした。(あ、邦画のデットオアアライブで地球は滅んでましたっけ?笑)

と、全てが★3つの普通すぎる映画でした。
ほんとに人類が滅亡しちゃうから良い映画
ニコラスケイジらしいミステリー。
文字の羅列と、次々に起こる事件。
聖書に詳しいとより楽しめるようですね。
黒い石の意味がわからず検索しました。
結局あまりよくわからず(笑)

渋滞でケガ人数人と聞いてからの飛行機事故、テロ犯ではなく万引き犯からの地下鉄事故、主人公と出会うことで避難できそうだったけどやっぱりお母さんの予言通り死んでしまう娘。

everyone else
終わり方にビックリ。
オチがめっちゃアダムとイブ。キリスト教の国が作ったお話…って感じ。
前にも見たことあった。

飛行機や列車事故はなかなか迫力あった。
神オチか〜…
ラスト家族の再会は良い感じだった。

石は何だったのか。
声が聞こえていたなら連れて行かれるはずなのになぜ9年前に自殺してしまったのか。

新天地は美しかったし少年少女も可愛かった。
未来版ノアの方舟。
最初から途中まではサスペンスな感じで
ドキドキしてめちゃくちゃ面白かったけど、謎の生物?が 口から閃光を放ったあたりで、、あれ?こんな感じなの?
そしてラストに 宇宙船?が出てきた時瞬間 あぁ やっぱりな。個人的にはがっかり、、(;
ニコラス・ケイジ自身がなんとかして
地球を助ける、、みたいな感じがよかったなぁ、、けど無理あるか。

最後の破滅していく感じは悲しいけれども綺麗でもあり 迫力あって好き。
ニコラスケイジって禿げててハンサムでもないのにラブロマンスとか感動系が良いのよね、そのギャップ!

ゴーストライダーあたりからあれ?って思ったけど、なんだかオカルトアクションシリアスなハードボイルドに行っちゃうのよね、

よくある人類再創生の話だった。

人間は特別で、観測者がいるってぱたーんのやつでした。

あーめん。
>|