バルトの楽園(がくえん)の作品情報・感想・評価・動画配信

「バルトの楽園(がくえん)」に投稿された感想・評価

無知でごめんなさい。こういう事があったのはしらなかったです。多くの事や物がその後色々なところに影響を与えたんでしょうね

青島で敗れたドイツ兵を収容した
坂東捕虜収容所のお話
れいな

れいなの感想・評価

3.4
この歴史もっと知られるべき。
リモ

リモの感想・評価

3.6
映画セットを出張途中で立ち寄った記憶

のちに作品を観て思ったのが
この時の日本には戦争も捕虜にもリスペクトがあったこと

捕虜達が残したドイツ文化、食べ物、音楽。
国を超えて繋がっていくこういう物語好き。徳島で第九が有名なのも納得。
例の空耳ヒトラーの俳優さん(ブルーノ・ガンツさん)出演してて驚き。マツケンサンバはドイツ語話してて凄いし、空耳ヒトラーの空耳ではないちゃんとした日本語聞ける。最後は第九で盛り上がって"Freude!"って気分になりますよ!
桑田

桑田の感想・評価

5.0
むちゃくちゃいい人〜〜〜😭😭😭😭‼️‼️‼️収容所って言えばアウシュビッツだったりとか暗い閉鎖的で死ぬ場所ってイメージがありましたが、明る〜〜〜😭😭‼️‼️音楽でお出迎えしてくれるのほんまに心に刺さる😭😭😭小学校の6年くらいの時にこれを見ました‼️‼️その時からずっと好きです❗️❗️今見返したらめっちゃ有名な人が多いですね‼️幼キッズのまえだまえだくん居るやん☺️☺️☺️❗️‼️ちゃんと人間的に扱ってくれる収容所😭❗️暴力ではなく敬愛で😭❗️まとめていくわけですよ😭❗️❗️みんなで海行くところいいな〜〜☺️☺️☺️🤚この頃の海外の人はほんまにストライプの水着を着るんやな〜〜☺️幸せシーンが続くからいつどん底に落ちるんやとドキドキしてた🥺🥺🥺幸せシーンは‼️ずっと‼️続きます‼️まあ幸せシーンていうか、捕虜が村の人から嫌われたり殴られたりしない、逆に捕虜が村の人に手を出したりしない、地獄どん底まで気分が落ちたりしない、なんですが☺️💦❗️でもほんまになんも問題は起こしません🥺‼️脱走はしたが🥺それでもそこから松江さんが❗️脱走した人へ新しい役割を与えて、その人もそれを生業にして生きていくっていうから🥺‼️いい話🥺‼️‼️捕虜だろうが人は人❗️松江さんのような人間❗️すきです😭😭😭‼️‼️脱走しても怒らない松江さんが唯一収容所に使う資金を減らすって言われた時に『私達がやってるのは刑務所じゃなくて収容所やぞ😡😡😡💢💢💢‼️‼️‼️』って怒るところ🥺ずんです🥺心臓に🥺🩺地元の人と交流したりするためにお祭りするの楽し〜〜☺️❗️ずっと阿部寛は反対してましたけど桑田は賛成です🙋‍♀️❗️兵士になる前の職業を生かして、鳩時計作ったりケーキ作ったり、曲芸したり演奏したり😌いい映画です😌🕊最後にみんなで演奏するベートーベンの第九‼️‼️これが聴きたかった😭😭😭‼️‼️最高🥺‼️‼️この収容所について詳しく知りたくなりました🥺‼️‼️みんな見てくれ😭❗️最大級に良🙆‍♀️
tysm1007

tysm1007の感想・評価

3.8
面白い

言語を超えて分かりあおうとする日本人とドイツ人の触れ合いが素敵

会津でお父さんの話が出てくるところも好きだった

昔あいのこと呼ばれた人たちは大変な思いをしただろうな

豪華なキャスト陣
Robby

Robbyの感想・評価

2.7
あのブルーノ・ガンツが出ているのに驚愕。100%邦画的ベタベタストーリーは割り切って、ドイツ人パン職人のお話は好きです。
Akatsuki

Akatsukiの感想・評価

4.5
よかったです
ロビン

ロビンの感想・評価

3.4
史実をもとに作られた映画。
もう少し尺短くてもいいかな。
ちょっと長い。
只、歴史的な事実を知るにはいい映画。
こんな歴史的事実まったく知らなかった。

軍国主義真っ只中の日本において、軍部に松江所長のようなあそこまでの人徳者がいたとは、にわかに考えにくい。
でも、杉原千畝といい、いるんだねこういう神様仏様のような人徳者が。

基本、日本軍は捕虜なんかめちゃめちゃな扱いするよね。
元来日本軍部の考えは捕虜になるぐらいなら自決しろだから。
そんな国の捕虜になったドイツ人もたまらない。
こんな極東の島国のめちゃめちゃ文化の遅れた後進国の奴等に、捕虜になって不当な扱い受けるなんて屈辱でしかない。
でも、あなた方は後に第二次世界大戦中ユダヤ人に対してもっと酷い扱いをするからね、と思いながら前半に彼等ドイツ人が不当な扱いに怒るのを観ながら思った。。

坂東の捕虜達は、ホント運がいい。
坂東じゃない捕虜とは天と地獄程の差があるから。

市原悦子さんは、唯一無二の女優さんだ。
でも、日本昔ばなし感出ちゃうのよね。

それと、当時の混血(今ではたぶん混血という言葉自体禁止用語だと思う)の子供はホント生きづらい世の中だったんだろうとつくづく思う。
評価高くないですねぇ。何故でしょう??私は普通に感動しましたけど。
戦争の描写とか、最近プライベート・ライアンや7人の侍など見たばかりなので、なんか予算の低さを感じてしまいましたが、やはり実話は強いね👍最後の第9の所など号泣でした。他にも私の緩い涙腺を揺らすところはたびたび。

こういう平和て最後盛りあがって終わる映画が、私は大好きです。
あまり期待しないで借りてきましたが、これは当たりでした!松平健はやはり良い人顔だよね。

ただ気になったのは、皆さんの服が捕虜なのにキレイすぎ、高島礼子もこれでもかと言うくらいキレイすぎ、そして戦争場面のしょぼさ。くらいかな。

でもいい映画だと思います。もっと評価高くてもいいのに〜
>|