セント・オブ・ウーマン/夢の香りの作品情報・感想・評価

「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「午前十時の映画祭8」で鑑賞。観終わった直後は大傑作と思ったけれど、時間が経って冷静に考えたら…。

不遇で貧しいけど心の優しい少年が、校長先生の車にイタズラする準備をしていた同級生を目撃。イタズラは成功し激怒した校長先生は、犯人を教えなければ退学だ、でも教えてくれたら名門大学へ推薦入学させてやる、と少年に迫る。

その後、少年はクスリマスで帰郷する際の交通費を稼ぐため、バイトで盲目の退役軍人のオジサンの世話をすることになり、そのオジサンにニューヨーク旅行へ無理矢理連れていかれる。オジサンは心にも傷を負い、人生に悲観し、偏屈で嫌われ者だったが、純粋な少年との交流によって、本来の優しい心を開いていき、人生に光を取り戻す姿にジーンと。

ニューヨーク旅行が終わると、少年は学校で審判の時を迎える。校長先生の憎々しさにフラストレーションがピークに達した頃、満を持してカタルシスがズドーンと。心の中で拍手喝采。スクリーンの中の学生たちと一緒に「イヤー!」と叫びながら立ち上がりたいくらい。2人は強い絆で結ばれたであろうと想像し、いいモン見せてもらったなあ、午前十時の映画祭ありがとう、とか思って気持ち良く映画館を後にした。

でもね、主軸のストーリーの素晴らしさに目を奪われて、鑑賞直後は気にならなかったけれど、細部のリアリティはどうなのよ、との思いがふつふつと。

この映画のハイライトのひとつは、自らの存在価値を否定するまで思いつめたオジサンが少年に自殺を懸命に止めてもらうことで、立ち直る姿にある。

でもね、本気で自殺するつもりならば少年に打ち明けたりはしないでしょ、普通、と思うわけですよ。止められるに決まっているのだから。それをわざわざ言うなんて、心の底では止めてもらいたいと思っているとしか思えない。

だから、本気だったかのような山場のシーンが、自分的辻褄があわず、疑問に思えてくる。

一方、校長先生の車へのイタズラ問題についても腑に落ちないことがいくつか。

(校長先生の車が理事会から買ってもらったもので、それが校長先生の趣味でジャガーだったとしても、車と校長先生に真っ白な液体(ペンキのようにも見えたけど、絵の具かな?)をぶっかけるということは、限度を超えた悪いことであるという分別を少年が持っていることが前提)。

学校での審判のシーンで少年は仲間を裏切らないという価値観のもと目撃証言を拒否し、退学もやむなしという選択をするけれど、金持ちで、いざとなったら少年を切り捨てる同級生たちを、そもそも本気で仲間だと思っているのだろうか。

仮に仲間だと思っていたとしても、明らかな悪事に目をつぶるということを、少年はどう考えているのだろう。校長先生の誘惑に負けたくない、という気持ちはよくわかる。でも自分が犠牲になるくらいの覚悟があるのなら、見たままを語る一方、甘い誘いはきっぱり拒絶するというのが、自らが最も納得できる選択ではなかっただろうか。

それに、あの学校ってどうなのよ。人権を無視したかのような公開審判はほとんどイジメじゃないの。目撃しただけの人がつるし上げられるなんて、他人のことには一切かかわるな、という教育方針なのかしら。真相はほぼ明らかなのに、裁判所みたいな判断をしようとするのも、教育の現場にふさわしくない気がするし、教師たちは、例のオジサンに熱弁を振るわれなければ、わからないのかっつーの。

もっとも、こう思うことはカルチャーギャップのせいかもしれない。先日インド映画『裁き』を見た際に、裁判傍聴を日課としている芸人の阿曽山大噴火さんのトークショーがあり、ハワイで小学生が被告、原告、陪審員、裁判官に分かれて模擬裁判を行う様子を見学した際のエピソードを聞いた。

それによれば、皆が役になりきっているというのはまあ普通としても、有罪を宣言された際、傍聴者が立ち上がって、腕を振り上げながら「ギルティ! ギルティ!」の大合唱だったとのこと。この映画のラストなんて、結果は違うけれど、雰囲気はまんまじゃないですか。裁判上等なお国柄では学校のシーンは普通なのかもしれない。

だんだん何が言いたいのか、自分でも分からなくなってきたので、強引にまとめると…、よくよく考えてみると違和感はあるものの、やっぱり感激しちゃったくらいだから、とてもよくできた楽しい映画だったのではないかと。

グダグダ考えて気づくのは邦題の『夢の香り』。この映画はきっと実現したら良いなあ、という夢をたくさん詰め込んだ物語。オジサンと少年の心の交流、ダメオジサンが言いたいことを言ってくれるスッキリ感、ニューヨークでのタンゴやフェラーリのシーンなど、様々な夢が醸し出す香りにどっぷり身を任せるのが幸せな鑑賞態度のような気が、最後になってしてきました。

●物語(50%×3.5):1.75
・大筋は素晴らしいけど、細部に感じるどうなの感。

●演技、演出(30%×5.0):1.50
・アルパチーノの演技、最高。彼の演技なしにこの感動はなかった感じ。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・名シーンに負けず、音楽も名曲揃いだったみたいだけれど、よく覚えておらず…。
ひゴル

ひゴルの感想・評価

5.0
アルᆞパチーノが偉大な俳優である事を再確認出来る映画だった。


何も言えないわ..
camican

camicanの感想・評価

4.5
アルパチーノの演技がかっこよすぎた…
フーワー!!
女が大好きで女の次に好きなのはフェラーリ、西と東の真の架け橋になった話、ドナとのやりとり、ユーモアに満ちて、セクシャルで、どれもこれも思わず微笑みたくなるくらい愛らしくて、しかも何故かとっても寂しい気がして、素敵だった。
夢の香りというサブタイトルの意味がよくわかる。いつかの憧れを思い描くような、その手触りを確かめるような、いい気持ちになった。

それにしても、最後のシーン、
スカッとしたなあ。笑

潰された魂の義足はない。

彼もまた、魂を守られたんだろうなあ。
フーワー!最高!ラストシーンのフーワー最高!笑
なんて素敵な映画!
アルパチーノかっこよすぎ!
アルパチーノのかっこよさ満載!
この映画に出てきた香りをすぐさま調べてしまった。
英国香水のFROLIS、ゲランのMITSUKO、オグリービーシスターズのタンゴ、フランスの香水CARONのフルール ド ロカイユ。
その香水と登場する女性がしっくりくる感じも素敵!
ぜひアルパチーノ演じるフランクがNYで抱いた美しい娼婦も見たかったなぁ〜笑
誇り高い彼が紳士すぎてかっこよかった!
まじで男性みんなスーツをオーダーメイドでぴしっときこなしてほしー!
それにしても金持ちのくだらない野郎はいつの時代にもいるもんだな。
心が誇りたかいって素敵!
ジャックダニエルの見方も変わった!笑
でも一番惚れ惚れしたシーンはなんてたって、アルパチーノとオグルービーの石鹸の君とのタンゴ!
Por Una Cabezaの名曲が映えてた!!
迎えにきたしょうもない金持ちボンボン彼氏と別れちまえよ!笑

NYに向かう間のフライトでのフランクのセリフ。
『女ってものを誰が作ったのか。
神ってやつは天才だ。女の髪…。髪は女の命とか…。カールした女の髪に鼻をうめて、永遠に眠りたいと思ったことがあるか。女の唇…女の唇は砂漠を横切った後で初めて含むワインの味がする。乳房。フーワー!でかい乳房。小さな乳房。サーチライトのようにこっちわ向いてる乳首。女の脚。ギリシャ女神のような脚でも多少曲がっててもいい。脚と脚の間の天国へのパスポートだ。』
いいセリフだ…。
Alisia

Alisiaの感想・評価

5.0
何がこんなに美しくさせるんだろう。
時間を感じさせない。
アル・パチーノの天性の空気感。

出会うべき人に出会うと起こるchemistry

If you're tangled up, just tango on


逃げるか立ち向かうか
say or not
die or not
It's not the matter of right or wrong
It's what you believe


あんまり関係ないけど、砂糖より蜂蜜がいいってうちの母も言ってたから今度からそうしよ。←
アルパチーノの演説が最高にカッコ良い。
盲目の退役中佐を演じるアル・パチーノが絶品。苦学生チャーリー役の清潔感や、お互いを癒し鼓舞していくドラマチックな展開も感動的だ。

スマートで痺れるほど官能的なタンゴのシーン。誇りを失いかけた男が、誇りを奪われかけた青年のためにふるう、全霊を込めたスピーチ。身体の奥が震えた。
nob

nobの感想・評価

4.0
飛行機で字幕ないのに何故か涙が…字幕でもう一度見て再び涙
タンゴのシーン。BGMが良い。
SJ

SJの感想・評価

4.0
神はユニークだ。

こんなにも素晴らしい、名優を生んだのだから。。。

・両親なんてのは円卓の騎士の時代に滅びた。

・自分では散々名前を間違えておきながら、親戚が間違えた時に激怒する。

・網膜なフランクが、美しい女性トナとタンゴを踊るシーン。あまりにも可憐で情熱的である。このワンシーンで思う。目が見えなくとも、体と記憶と想い出が身体が彼をうごくしていた。

・人生はタンゴのようなもの、足が絡まっても踊り続ければなんとかなる。

・壊れた心の義足はない。
>|