セント・オブ・ウーマン/夢の香りの作品情報・感想・評価

「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」に投稿された感想・評価

小一郎

小一郎の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

「午前十時の映画祭8」で鑑賞。観終わった直後は大傑作と思ったけれど、時間が経って冷静に考えたら…。

不遇で貧しいけど心の優しい少年が、校長先生の車にイタズラする準備をしていた同級生を目撃。イタズラは成功し激怒した校長先生は、犯人を教えなければ退学だ、でも教えてくれたら名門大学へ推薦入学させてやる、と少年に迫る。

その後、少年はクスリマスで帰郷する際の交通費を稼ぐため、バイトで盲目の退役軍人のオジサンの世話をすることになり、そのオジサンにニューヨーク旅行へ無理矢理連れていかれる。オジサンは心にも傷を負い、人生に悲観し、偏屈で嫌われ者だったが、純粋な少年との交流によって、本来の優しい心を開いていき、人生に光を取り戻す姿にジーンと。

ニューヨーク旅行が終わると、少年は学校で審判の時を迎える。校長先生の憎々しさにフラストレーションがピークに達した頃、満を持してカタルシスがズドーンと。心の中で拍手喝采。スクリーンの中の学生たちと一緒に「イヤー!」と叫びながら立ち上がりたいくらい。2人は強い絆で結ばれたであろうと想像し、いいモン見せてもらったなあ、午前十時の映画祭ありがとう、とか思って気持ち良く映画館を後にした。

でもね、主軸のストーリーの素晴らしさに目を奪われて、鑑賞直後は気にならなかったけれど、細部のリアリティはどうなのよ、との思いがふつふつと。

この映画のハイライトのひとつは、自らの存在価値を否定するまで思いつめたオジサンが少年に自殺を懸命に止めてもらうことで、立ち直る姿にある。

でもね、本気で自殺するつもりならば少年に打ち明けたりはしないでしょ、普通、と思うわけですよ。止められるに決まっているのだから。それをわざわざ言うなんて、心の底では止めてもらいたいと思っているとしか思えない。

だから、本気だったかのような山場のシーンが、自分的辻褄があわず、疑問に思えてくる。

一方、校長先生の車へのイタズラ問題についても腑に落ちないことがいくつか。

(校長先生の車が理事会から買ってもらったもので、それが校長先生の趣味でジャガーだったとしても、車と校長先生に真っ白な液体(ペンキのようにも見えたけど、絵の具かな?)をぶっかけるということは、限度を超えた悪いことであるという分別を少年が持っていることが前提)。

学校での審判のシーンで少年は仲間を裏切らないという価値観のもと目撃証言を拒否し、退学もやむなしという選択をするけれど、金持ちで、いざとなったら少年を切り捨てる同級生たちを、そもそも本気で仲間だと思っているのだろうか。

仮に仲間だと思っていたとしても、明らかな悪事に目をつぶるということを、少年はどう考えているのだろう。校長先生の誘惑に負けたくない、という気持ちはよくわかる。でも自分が犠牲になるくらいの覚悟があるのなら、見たままを語る一方、甘い誘いはきっぱり拒絶するというのが、自らが最も納得できる選択ではなかっただろうか。

それに、あの学校ってどうなのよ。人権を無視したかのような公開審判はほとんどイジメじゃないの。目撃しただけの人がつるし上げられるなんて、他人のことには一切かかわるな、という教育方針なのかしら。真相はほぼ明らかなのに、裁判所みたいな判断をしようとするのも、教育の現場にふさわしくない気がするし、教師たちは、例のオジサンに熱弁を振るわれなければ、わからないのかっつーの。

もっとも、こう思うことはカルチャーギャップのせいかもしれない。先日インド映画『裁き』を見た際に、裁判傍聴を日課としている芸人の阿曽山大噴火さんのトークショーがあり、ハワイで小学生が被告、原告、陪審員、裁判官に分かれて模擬裁判を行う様子を見学した際のエピソードを聞いた。

それによれば、皆が役になりきっているというのはまあ普通としても、有罪を宣言された際、傍聴者が立ち上がって、腕を振り上げながら「ギルティ! ギルティ!」の大合唱だったとのこと。この映画のラストなんて、結果は違うけれど、雰囲気はまんまじゃないですか。裁判上等なお国柄では学校のシーンは普通なのかもしれない。

だんだん何が言いたいのか、自分でも分からなくなってきたので、強引にまとめると…、よくよく考えてみると違和感はあるものの、やっぱり感激しちゃったくらいだから、とてもよくできた楽しい映画だったのではないかと。

グダグダ考えて気づくのは邦題の『夢の香り』。この映画はきっと実現したら良いなあ、という夢をたくさん詰め込んだ物語。オジサンと少年の心の交流、ダメオジサンが言いたいことを言ってくれるスッキリ感、ニューヨークでのタンゴやフェラーリのシーンなど、様々な夢が醸し出す香りにどっぷり身を任せるのが幸せな鑑賞態度のような気が、最後になってしてきました。

●物語(50%×3.5):1.75
・大筋は素晴らしいけど、細部に感じるどうなの感。

●演技、演出(30%×5.0):1.50
・アルパチーノの演技、最高。彼の演技なしにこの感動はなかった感じ。

●映像、音、音楽(20%×3.5):0.70
・名シーンに負けず、音楽も名曲揃いだったみたいだけれど、よく覚えておらず…。
名作過ぎるんだけど。
この映画で気づいた。人が映画に惹きつけられるのは、登場人物の演技をする役者に自然と惹かれているからだということ。
登場人物の二人、チャーリーとカーネル、純粋さと卑屈さ、絶望と微かな希望、断固とした精神と今にも崩れ落ちそうな精神。お互いが押し引きしながらお互いを理解しあい、「助け合う。」
カーネルは全てお見通しで、見えなくても女性やチャーリーの動作、感情を読み取ってしまう。まるで人間が発している魅力や危機感は透明であるかのように感じる。
ニューヨークの「なにかが起こりそう」感、好きだなあ。車のシーン、ダンスのシーンは完璧にチャーリー目線で見てた。
音楽良かったです。最後の審議会本当に感動しちゃった。あんな演説初めて聞いた。校長の権力の濫用とその不当さに気づき立ち向かう勇気と図々しさ。日本人が持ってないもののひとつかもしれない。ただの友情じゃないと思うな、友情を超えた理解の上に成り立つ、人生をサポートしてくれる人物、それがカーネルなんだな。
この映画、最高でしたね。

・深い友情
・タンゴ
・車
・アルパチーノの格好良さ

一緒に旅してる気分になれました。そして
心が温まりました。

1990年代の作品ですが、もっと現代の若者に見てほしいな〜
もりし

もりしの感想・評価

3.8
口が悪いだけで悪い人じゃないのよ、ってホントじゃないですか。

マイナスの人間とマイナスの人間がかけあわさってプラス
僕もマイナスの人をプラスにできるようなマイナスの人になりたいです。長い付き合いだからジョン・ダニエルとかって言える大人になりたいです。

サングラスかけたアルパチーノは完全にタモリだった。
kururi

kururiの感想・評価

4.2
フランクが大声を出す度に、こちらもビクゥッとなるが、だんだん憎めないキャラクターに。
この二人のように、あと一息乗り越えてみれば良い関係になれる人、事柄、物、、、あるのかも、あったのかも。
タンゴの相手をしてくれた女性も、孫たちも、、、わかる人にはわかるのね。
ayn

aynの感想・評価

5.0
久しぶりに出会えた大名作!
レビュー数7080に驚いた、、、
あまり知られていないの超もったいない!

偏屈な盲目の元軍人中佐と
彼の世話をするバイトを請け負った
貧しくて 成績優秀な青年チャーリーが
サンクスギビングにNYへ行く話。

「おまえが重いものを抱えてるから
車のスピードが遅い」(曖昧)
憂鬱な様子のチャーリーとそれを察した中佐の
車の中でのやり取りが印象的だったな〜

素敵なシーンが数えきれないほどあるんだけど
ラストシーン本当に可愛くて大好き。。

心に留めて大切にしたい言葉ばかりで
取りこぼしてしまうのがもったいない。
またじっくり観たいな〜〜。
かめ

かめの感想・評価

4.4
ジョン・ダニエル🤭
Oscar

Oscarの感想・評価

4.2
声に出して読みたい英語「Hoo-ah!」

アル・パチーノが終盤カッコよすぎて仕方がない映画。
彼の演説シーンなんか、全文文字起こしする価値ありそうですね。
ちょうど今感謝祭シーズンですし、僕も盲目じーさん世話係バイト、探そうかな…
そん

そんの感想・評価

5.0
何回も見たくなるようなやつ!

アルパチーノ、震わしてくれます。
>|