セント・オブ・ウーマン/夢の香りの作品情報・感想・評価

「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」に投稿された感想・評価

ダンスシーンで泣ける。人生が詰まってる名シーン
さいっっっっっっこう
Mai

Maiの感想・評価

5.0
父が好きな映画で、わたしも好きになった。
タンゴのシーンと最後のスピーチがいい。
さすがアルパチーノ!
miso

misoの感想・評価

4.5
本当のかっこいいとか、素敵とか、
そういう事を確認できる。

高潔な魂を持ち続けること=困難と分かりつつもその道を選び進むこと。

こんな当たり前のことを出来ない人間の多いこと多いこと。私も含めて。

この作品中のイタズラ、、、チクるチクらないについての討論出来る友人が欲しい(笑)

チャールズの彼なりの高潔さ。それを守ってやるのが、大人の務めだよね。
ほんと、ダメだけど最低だけど口悪いけど女好きだけどひねくれてはいない真っ直ぐないい男だなフランク。

養子のくだり、フランクが超可愛く見てえた。
面倒臭いおっさんかよ。どさくさ加減よ(笑)

タンゴのシーン良いよ。
人生の美しさが煌めく。
切り取って飾りたいシーンもたくさんあったなぁ。

判決後の、『Foo!Ah!』のカッコ良さったら無い。
多用してたけど、ここでぐぐっと心に響いた。
…Foo-Ahで合ってるかは分からないけど(笑)

香水嫌いなんだけど、今日買いに行こうかなと思ってしまう!
あとあの言い回しを使いたいがために、飲み屋でジョン・ダニエルって言ってみたくなる!ツッコミ待ちしちゃう!
でもあの言い回しをしっくり使えるほどジャック・ダニエル飲んでない!(笑)

長々と書いてしまったけど、それくらい私には良い出会いでした。
yoshiya

yoshiyaの感想・評価

4.6
とても好きな映画です。観終わったあと、心がじんわりあたたかくなる!

WHO ARE!

(おそらく)僕の1番好きな俳優、アル・パチーノさん。彼のこの映画での演技は、数ある映画の中でも光輝いていると思います。本当に彼の演技に感動します。この映画で(おそらく)初めてアル・パチーノさんを観たのですが(「ゴッド・ファーザー」だったかな?)、すぐさま彼の演技に恋に落ちました。凄い…。

そしてこの映画の雰囲気も大好きです。もちろんストーリーも。アメリカの田舎の大学、そして街並。ごみごみとしていなくて、穏やかで、心が広くなるような、なんだか懐かしい景色で満たされていて、この映画を観るたびにそんな雰囲気にほっこりさせられます。

JOHN DANIEL!

希望と回復を描いた映画。最初と最後のシーンの対比が象徴的でした。お互いに支え合い、心を助け合い、希望へと歩んでいく姿は僕に強い勇気と感動と希望を与えてくれます。

「おすすめの映画はある?」って訊かれたら、「Good will hunting」と共に、最初に頭の中に浮かんでくる映画です。
My favorite!

是非観てみてください😊
nami

namiの感想・評価

3.8
とにかく男臭い映画。アルパチーノが主人公に真っ直ぐぶつかる姿が素敵だった。
2人の間に絆が生まれていく様子がよく見えるストーリーで、ラストシーンはスカッとして後味が良かった。タンゴのシーンお気に入り。
ゾロ

ゾロの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

”ヒート”を見て、
アル・パチーノ見たくて
久しぶりに再見その2

アル・パチーノの盲目演技が本当に凄い
毎回、視点や眼球を凝視しちゃう


年の違う二人の友情は熱いし
アル・パチーノの台詞も本当に好き


タンゴを踊るシーンと誘うシーン
”人生に失敗はあっても
 タンゴには、失敗はないよ
 踊り続ければ良いんだよ”的なセリフ

演説のシーン
”岐路に立って、正しい道を選ぶのは簡単だが
 困難な道だから、行かなかった”
”魂がつぶれたら、義足はつかない”的なセリフ


そして、口癖だけど
最期のやつが一番気持ちいい

”Woo-ah!”



色褪せない名画
人生とは何か?友情とは何か?これらの問いを深く考えさせてくれる作品だった。ラストのアルパチーノの熱弁は必見!『最強のふたり』が好きな人はハマる作品かも。
wareko

warekoの感想・評価

4.5
記録。
>|