COZY922

ソーシャル・ネットワークのCOZY922のレビュー・感想・評価

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)
3.7
今や、1日のアクセス数が10億人を超える地球規模のSNSとなったFacebook。地球上の約7人に1人が同日にFacebookを利用した計算になる。

そのFacebookの誕生と拡大の裏にあった2つの訴訟。アイデアを盗用されたという知的所有権を巡るものと、共同設立者の所有株式希薄化にまつわる争い。華々しいサクセスストーリーではなく権利・立場を争点とした諍いと人間模様がとても興味深かった。

すべての始まりは、彼女にフラれた怒りの感情と、その腹いせに作った女子大生の顔の格付けサイトとは、、。社会インフラの1つと言っても過言ではないほど浸透したFacebookと、若き天才起業家であり億万長者でもあるマーク・ザッカーバーグ。その誕生のきっかけを呼んだ出来事の矮小感を最初は意外に感じたけれど、怒りなどの負の感情や反骨心が転じて何かをもたらすのは決して不思議じゃない。むしろ平和で満ち足りた環境からの方が革新的なものは生まれにくい。妙に納得してしまった。

マーク・ザッカーバーグという人が実際どんな人物なのかは知らない。が、本作を観ると才能はあるけど良識はなく, コミュニケーション障害で, 人を巧みに利用し裏切る 嫌なヤツにしか見えない。友達になりたくないタイプ(笑) 。しかし、その一方で世界中の人と繋がれるツールの生みの親であるという歴然とした事実。思い立ったことを即実行する抜群の行動力と、腹立たしくも羨ましい 自己のやり方を貫くマイペースぶり。天才と凡人の境界が確かにそこに在るのだろう。

嫌なヤツと思いつつ、元カノに友達申請して何度もページを更新する姿はちょっと切なくちょっと滑稽で、嫌いになり切れない。

映画としてのおもしろさはさておき、Facebookを使う人には一見の価値はあると思う。