TOMO

ソーシャル・ネットワークのTOMOのレビュー・感想・評価

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)
4.0
「オタクだからじゃない。性格がサイテーだからよ」

今やシリコンバレーの巨大企業となったフェイスブック。その設立の裏にあった事件と、青春と、友情の終わり。

この映画を観ているときの感覚がとても好き!
内容は割と淡々としているのに登場人物のリアルさ伝わってきて、そこのバランスが心地いい。
音楽も映像もストーリーもぴったりと重なって、どうしようもなく孤独になってしまう“マーク・ザッカーバーグ”という人間そのものを表してるようで。彼の奥底に隠された寂しさがなんだかひたすらにエモくないですか…?

やっぱりジェシー・アイゼンバーグが演じるこのマーク・ザッカーバーグ像すごい…役を超えて独り立ちしてる感じがして。
プライドが高くて傲慢なクズ野郎だけど、正直で人間らしい。かといって同情できるわけでもない。妙に目が離せない魅力にまんまとやられました...

かなり脚色されているらしいので、これはある意味でフェイスブックを作った人々とその過程にあった事件を題材としたフィクションなのでしょうね。
だけどこの映画で描かれる人間関係ほどリアルなものはないと思えるくらいに役者も作品も自然体で…
この映画いいなあ