ソーシャル・ネットワークの作品情報・感想・評価

ソーシャル・ネットワーク2010年製作の映画)

THE SOCIAL NETWORK

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ソーシャル・ネットワーク」に投稿された感想・評価

nonsense

nonsenseの感想・評価

4.3
脚本が素晴らしいと思う。監督の完璧主義が伺える。若者特有(というか主人公)の青臭さと、強い自尊心からくる判断の危うさが、天才の人間臭さを醸し出し、愛着しか湧かない。もうしゃべるな、語るに落ちるぞ、と声を掛けてやりたいほどしゃべる。可愛い。切ない。
フェイスブック作ったマークは
色々ぶっ飛んでいたんだなぁと。

成功の裏にはこういう物語があったんですね
xoxo

xoxoの感想・評価

3.5
2019.03.24
Miwa

Miwaの感想・評価

2.5
双子のアーミー・ハマーが超カッコよかった

世の中の汚い部分を見せられた気がして げんなりした
さん

さんの感想・評価

3.5

マーク・ザッカーバーグという一人の男の伝説の始まり🎬

今作は、「Facebook」というシステムが誕生する経緯とその後に起こったトラブルの様子を描く”実話ベース”の物語であり、単純な実録ドラマではなく、マーク・ザッカーバーグの友人エドゥアルドの手記を元に、デヴィッド・フィンチャーや脚本家たちが様々な創作を加えたフィクション作品です🎬90年代以降にビジネス上最高の成功を成し遂げたネット長者の人生を描いたことで、”時代を象徴するような映画”が誕生しました。90年代の後半以降、世の中に最も多大な変化をもたらしたのがPCです。これは世界中の誰もが思っていることですが、しかしPCという世界自体がきわめて”内側”の世界になりがちなので、それを映像として外に出す感覚はやはり難しく、時代の抱える難題を遂に克服したことで、この映画はやはり”時代を象徴”すべき作品だと言われる所以だと感じました。

今作はキャラクター、特に主人公の言動に対する描写が大きく脚色されているそうです。実際のマーク・ザッカーバーグ氏は劇中のような酷いコミュニケーション不全ではないそうです。そしたら、なぜここまで脚色する必要があったのでしょうか?恐らく、世間一般の人が持っているイメージ、”天才とバカは紙一重”という類型的なパターンに当てはめることで、「世界中の人とコミニュケーションを取ることができるシステムを開発して大金持ちになったのに、友達にも見捨てられ好きな女の子ともコミニュケーションが取れない孤独な男」という皮肉に満ちた物語を描くためだと考えました。今作は単なる「天才の栄光と挫折」を描いた物語ではなく、「誰も自分のことを理解してくれない、そして自分も他人に全く共感できない」という悲劇的な境遇に置かれた主人公が、それでも他者との繋がりを求めてコミュニケーション・ツールにすがり続ける切なく哀しいドラマのように思えました。
AI

AIの感想・評価

3.9
Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグの伝記かと思いきや、この作品はマークがモチーフとなった一人の男の葛藤を描いた創作映画だ。
実際にマーク本人に取材すらしておらず、もう1人の共同創業者エドゥアルド側からの話を元に製作されている。
それにもかかわらず、この映画は構成がずば抜けており、何より単純に面白く、近年を代表する名作である。
特に99テイク撮り直したと言われているオープニングには不思議な魅力がある。ここで膨大な数の言語量が投下されるのだが、最後までそれは続き、見終わったあとの達成感は倍にも感じる。
恋人との破局をエネルギーに事業を起こし、栄光と挫折の話に繋げていくのかと思いきや、それすらフィクションである。ここまでいい意味で裏切られる映画も他にない。
またジャスティン・ティンバーレイク演じるショーンの登場から映画に華が咲き、勢い止まることなくエンディングへと向かう。
『Facebookは完成しない、ファッションと同じだ』
り

りの感想・評価

4.0
まずあんなにイケメンなアーミーハマーさんが2人もいるとかいう贅沢すぎる世界、ルーニーマーラがルーニーマーラじゃないキャラ(?)だしいろいろと面白かった。やはりアメリカで仕事をするんなら結果が全てだよなーと。アンドリューガーフィールド不憫で切なくなった。もう全然みていなかったが久しぶりにFacebookを更新したくなりました。
yumy

yumyの感想・評価

3.5
いやぁ、ジェシーアイゼンバーグやっぱ好きだわぁ。
Facebookができるまでとできてからの話!結構な壮絶なストーリーね。ヒドイ話
Facebook誕生秘話。

作品中の言葉を借りるとすると、めちゃくちゃクールだった!Facebookの中の社員が作ったのかと思いたくなるような世界観!

超有名人は常識を吹き飛ばすような人なのだと最近よく思う。冷静に考えて、まだまだ若くてご存命の人が、すでに映画の主人公になってるってすごいこと。

データ保護問題で荒れ気味だけど、Facebookにはどうにかがんばってほしいなぁ…
>|