コラテラルの作品情報・感想・評価

「コラテラル」に投稿された感想・評価

もう最初から最後までシビれっぱなし!清濁渦巻くLAを舞台に、殺し屋を乗せたタクシー運転手のたった一晩のドラマ。スリルの中に築かれる奇妙な関係性、表情豊かな夜の街並み、情感を高める音楽の使いどころ。最高だよマイケル・マン。

主演二人の決して相容れないのにどこか通じてしまった感じがたまらんです。横切る犬(狼?)のために車を止めるマックス、見つめるヴィンセント。10年後も同じと言われて言い返せないマックス。地下鉄やダーウィンという繰り返される台詞、絵葉書などの小道具も完璧。序盤の女検事アニーとの会話が終盤活きてくるのも良いし、悪党の前で開き直るマックスには興奮。

トム・クルーズはもちろん、ジェイミー・フォックスも最高だわ、マーク・ラファロも出てるわ、最初気付かなかったけどやたら存在感あるなと思ったらハビエル・バルデムだわ、ピーター・バーグが役者として出てるわ、序盤で驚きのカメオ出演はあるわで凄い。
トムクルーズの悪役は新鮮だったけど。
プロなんか?と疑わずにはいられない。
最後ももっと胸糞な終わり方でも良いのではと思ってしまった。
メモ:コラテラル 巻き添えのこと。コラテラルダメージというような使い方
kengow

kengowの感想・評価

-
レンタルで観たはずだが。
 ある日、マックスの運転するタクシーにヴィンセントという不動産屋の男が乗った。彼は一晩のタクシーを貸し切りするよう持ちかけ、金に目のくらんだマックスはそれを了承する。
 アパートの前でヴィンセントを待つと、彼のタクシーの真上に男の死体が降ってきた。戸惑うマックスの元に、至って冷静な様子のヴィンセントが戻ってくる。逃げ出そうとするマックスをヴィンセントは銃を突き出して止めて、死体をタクシーのトランクに隠すのを手伝わせた。そしてマックスはヴィンセントの犯す犯罪に巻き込まれていく。


 殺伐としたクールなクライムもの、と期待してるとそうでもない、になるような気はする。
 わりとご都合的でエエッとなりがちな展開だけど、それはそういうものをしてエンタメ方面の作品なのだと割り切れば関係ないね!クールな殺し屋に流されるうだつの上がらなさそうなタクシー運転手がその一晩で変わっていく姿は短い時間の中で楽しいですね。さすがトム。
 トム・クルーズのシルバーヘアーが案外とすごくよくって、殺し屋なのもかっこいいというか、これ、似合ってる……!ミッションインポッシブルのトムと戦わせたい。


 エンタメだからとは言ったけれど、余計な説明はないので出来事や状況から背景を理解しなければならないところが割と集中してみさせてくれて面白いところ。
 マイケル・マン監督の作品だから、夜の質感と銃使いに安定のフェチを感じる。
 これは何かのメタファーなんだろうなぁ…って思えるシーンがちょこちょこあるので、ホント監督のが好きな人は好きだろうな。
Takashi

Takashiの感想・評価

3.6
トムクルーズの動きがキレッキレ。
必ず2発撃ち込むのがポイントですよ。
シド・フィールドの本で脚本のお手本として取り上げられていたので観てみた。
くわ

くわの感想・評価

3.8
悪役のトムクルーズのかっこよさよ
>|