コラテラルの作品情報・感想・評価

「コラテラル」に投稿された感想・評価

もう最初から最後までシビれっぱなし!清濁渦巻くLAを舞台に、殺し屋を乗せたタクシー運転手のたった一晩のドラマ。スリルの中に築かれる奇妙な関係性、表情豊かな夜の街並み、情感を高める音楽の使いどころ。最高だよマイケル・マン。

主演二人の決して相容れないのにどこか通じてしまった感じがたまらんです。横切る犬(狼?)のために車を止めるマックス、見つめるヴィンセント。10年後も同じと言われて言い返せないマックス。地下鉄やダーウィンという繰り返される台詞、絵葉書などの小道具も完璧。序盤の女検事アニーとの会話が終盤活きてくるのも良いし、悪党の前で開き直るマックスには興奮。

トム・クルーズはもちろん、ジェイミー・フォックスも最高だわ、マーク・ラファロも出てるわ、最初気付かなかったけどやたら存在感あるなと思ったらハビエル・バルデムだわ、ピーター・バーグが役者として出てるわ、序盤で驚きのカメオ出演はあるわで凄い。
一夜限りを描いたサスペンス。
臆病なマックスがヴィンセントに出会い 自分を解放させていく姿が、
ファイトクラブにもすこし似ています。
この映画の見所はやはりトムクルーズさんの演技でしょうね。白髪とグレーのスーツに身をまとい、見た目からしてもう 浮いてしまってます 笑
銃の扱いが 素早く最高にかっこいいです。そして 皮肉製造マシーンのように、
皮肉をバンバン言います。一番好きなセリフは「俺は撃っただけ 銃弾が殺した」です。
殺し屋を乗せてしまったタクシードライバー

殺し屋をトムクルーズ
タクシードライバーをジェイミーフォックス

トムクルーズが演技派俳優だったと言うことを久々思い出せました。
"いつも通り"の正義感あふれるようなトムクルーズとは正反対のキャラクターを演じていました。なので最初は見慣れなかったのですが、会話劇を見て行くたびに違和感は消え、その演技力に圧倒させられてしまいました。

そんなトムクルーズに翻弄されるジェイミーフォックスの演技も素晴らしかったです。

そういった素晴らしい演技を観れた中、嫌いだった点が2つあります。

1つは中盤あたりでのジェイミーフォックスが通り過ぎるキツネ(?)のために車をわざわざ止めるシーン。

そんなジェイミーフォックスを見て、トムクルーズは何か言いたげな表情です。

そんな時、音楽が流れ始めました。

しばらくすると、その音楽が歌詞付きだと言うことに気がつきました。

…キャラクターの心情を歌にし、BGMとして流してしまったのです。

正直ここでだいぶ気持ちが離れました。
表情だけで演技できる素晴らしい俳優が揃ってるのに、なんでわざわざ音楽を流すのか意味がわからなかったです

実際、その音楽はかなり映像に不適正な感じで浮いてました😅

あと1つは別に嫌いって程では無いんだけど、ラストの展開です

今までかなりスローペースだった映画が、クライマックスでかなりハイペースになります

見ていてすごいかっこよくて楽しかったのですが、いきなり展開が早くなったのでちょっとだけ置いていかれそうになった…って感じです。

でも総合的には結構好きな映画でしたので、是非。

惜しいクライムアクション映画って感じです😅

_________________________
[この映画のBest俳優]
トムクルーズ
[脚本面]☆☆☆☆
[映像面]☆☆☆
[ストーリー性]☆☆☆
[オススメ度]☆☆☆
デップ

デップの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

トムが若くてカッコよかった。最後トムが死んじゃうのがなんか新鮮だった、ジェイミー・フォックスの方がメイン?
トト猫

トト猫の感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

ジェイミーフォックス祭り第2弾♫

マイアミバイスから一転、有能だけどなんだかパッとしないタクシー運転手を演じるジェイミーフォックス。そんな彼が乗せてしまったのはトムクルーズが演じる不死身の殺し屋。

マイアミバイスでバンバン悪い奴を倒してクールでセクシーだったジェイミーフォックスはどこへ?ってほど本当にしがないタクシー運転手を自然に演じている。

途中、已む無くトムクルーズの代わりに殺し屋のふりをするときには、偽物が本物を超える瞬間がやってくる。殺しに震えてた運転手は正体不明の無敵の殺し屋の顔を見せる。

ストーリーは意外と最後、こう来たか…って感じだし、殺し屋に背中を押されて勇気を出してしまう感じとか、なんかスッキリしないけど、ジェイミーフォックスの演技の幅を知れた素晴らしい作品だった。

とりあえず死にそうで死なないトムクルーズが怖いΣ(-᷅_-᷄๑)
EazyE

EazyEの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

トム・クルーズは普段MIのクールな笑顔のイメージしかないので、むしろ今作のような狂気がすごく映える。

クラッシュシーンにすべてが詰まってますね。変わりゆく主人公が魅力的です。
KAMIKAZE TAXiの方が好き。
知人に夜景がキレイな映画や、高速道路やジャンクションの風景がかっこいい映画を教えてほしいと聞いたら教えてくれた映画。

LAの夜景が最高に美しい映画だった。
LAの夜の風景がかっこいい映画といえば『ドライブ』の導入部分のカーチェイスが思い浮かぶが、この映画に関してはタクシードライバーのマックス(ジェイミー・フォックス)が殺し屋のヴィンセント(トム・クルーズ)に巻き込まれて一晩中裏社会の殺人に付き合わされるという話なので全編通してずっとあの危険な夜の雰囲気だった。
広大な高速網を上空から、ストリートから、車内から、いろいろなところから堪能できる。

一番の見どころはこれ。

あとトム・クルーズのアクションがものすごくいい。
クラブでの銃撃戦での彼の身のこなしがすごい。この人のアクション俳優としての凄さもまじまじと見せつけられた。
低い姿勢で銃を構える姿がとってもかっこいい!

マックスは他人に優しいけど自分にも甘い人間。一方のヴィンセントは非情な男だが自分にも厳しいプロフェッショナル。最初はマックスが正しいことを言っている風に見えるが、途中ヴィンセントの一言でマックスの弱さが浮き彫りになる。このシーン聴いていて自分に言われている気がしてドキドキした。
>|