watarihiro

死刑台のエレベーターのwatarihiroのレビュー・感想・評価

死刑台のエレベーター(2010年製作の映画)
1.5
大企業の手都グループの会長は芽衣子という夫人がいるがその傘下で働く時籐という医師と不倫関係だった。二人で過ごしたいため、芽衣子は殺人計画を立てる。15分で済むはずだったが、、、、。

元のフランス作品は未観賞なので比べて評価は出来ないけど、ストーリーとしては面白かった。うまく成功するはずなのにトラブル。そして別の所で新たな事件。次々と警察が容疑者に迫り来る。飽きさせない設定だと思います。

役者さんは豪華だけど主演の吉瀬美智子がちょっと、、、みたいな感じだった。怒ってる演技見ても受け入れることできなかった。美しい人が殺人に関わってる設定で、見た目は美しいけど、英語喋るシーンは納得いくものではなかったし、むしろ英語入れなくてもよくない?と思います。

がっつりリメイクじゃなくてもBased on-とかinspired by-みたいな感じで影響受けた作品みたいにすればいいんじゃないかと思います。

北川景子可愛かった、、、。