死刑台のエレベーターの作品情報・感想・評価

「死刑台のエレベーター」に投稿された感想・評価


キャスト陣がとても豪華!
低評価でしたが、最後まで観てみると
後味悪くもなく、最後の刑事さんの手のひらの中のような攻め方

長年の刑事の勘を元に、事件を解決するシーンがカッコ良かったなぁ。
iamky

iamkyの感想・評価

-
エンディングがYUKIちゃんで唯一テンション上がりました。
チィ

チィの感想・評価

2.9
エレベーターに閉じ込められダラっと冷や汗をかく阿部寛。焦ってソワソワドンドンする阿部寛。公開当時に見た記憶といま残る記憶は不思議と異なるもので。映画の内容よりも、この阿部寛が如何に良い俳優かを当時ANNで語っていた松坂桃李の熱弁が忘れられない。「そこまで好きなんかい!」と衝撃を受けた記憶が強くて。松坂桃李が大好きな阿部寛が詰まった作品。
GREN

GRENの感想・評価

3.0
鑑賞前は評価の低さにちょっとビックリしてました。何でだろう?と逆に興味を持ったほど。
鑑賞中は、面白い映画には見えないけれど、各々が一生懸命演技に取り組んでるな〜と。
鑑賞後、フランス映画のリメイクと知り、作品感に納得。評価が低くなるのも納得です。フランス映画は芸術寄りの感性で作られていて、日頃の目線で見ていたら面白味が分からないのも当たり前。
どうしてこの作品をリメイクすることになったんだろう?という疑問と、俳優陣は頑張っているんじゃないだろうかという気持ちと、ラストの「愛が絡む完全犯罪はない」と言い切ったのは本当か?という疑問が残りました。
幕引きもフランス映画っぽかった。
あかめ

あかめの感想・評価

2.3
最後まで観賞できなかった
matsu

matsuの感想・評価

3.0
遠い昔、吉瀬美智子を好きになった時にこの映画を観たような記憶が、、
死刑台の要素がどこにあるのか最後まで読み解くことができませんでした。
watarihiro

watarihiroの感想・評価

1.5
大企業の手都グループの会長は芽衣子という夫人がいるがその傘下で働く時籐という医師と不倫関係だった。二人で過ごしたいため、芽衣子は殺人計画を立てる。15分で済むはずだったが、、、、。

元のフランス作品は未観賞なので比べて評価は出来ないけど、ストーリーとしては面白かった。うまく成功するはずなのにトラブル。そして別の所で新たな事件。次々と警察が容疑者に迫り来る。飽きさせない設定だと思います。

役者さんは豪華だけど主演の吉瀬美智子がちょっと、、、みたいな感じだった。怒ってる演技見ても受け入れることできなかった。美しい人が殺人に関わってる設定で、見た目は美しいけど、英語喋るシーンは納得いくものではなかったし、むしろ英語入れなくてもよくない?と思います。

がっつりリメイクじゃなくてもBased on-とかinspired by-みたいな感じで影響受けた作品みたいにすればいいんじゃないかと思います。

北川景子可愛かった、、、。
元の映画があるんですね。まさにフランス映画って感じでした。
えり

えりの感想・評価

2.3
なんかよく分からないしめんどくさいなと思いました(白目)
>|