しゃにむ

ドラゴンボール EVOLUTIONのしゃにむのレビュー・感想・評価

ドラゴンボール EVOLUTION(2009年製作の映画)
-
「サイヤ人のツラ汚しめ!」(CV 野沢雅子)

うっ(ボンッ)…開始数秒で新調したばかりスカウターが壊れた…破裂しない代わりに反応がないぞ…(イ◯ー氏に請求確定) や、奴の戦闘力は測定不能か…!?(あまりに低過ぎて)み、みなさん!気を高めるなーー!ハードルを(最低限に)下げて衝撃に備えるんだ!間に合わなくなっても知らんぞォォーー!!

ごめんなさい…こういうとき…どうレビューしたらいいかわかりません…ここはドラゴンボールのキャラに代弁して貰いましょう。

〜鑑賞前〜

フ◯ーザ「ほっほっほ。私のエピソードはシリーズ中でも特に人気が高いですからねぇ。きっと私の活躍がメインに違いありませんよ。ドドリアさん、ザーボンさん。録画の準備は出来てますか?抜かりは許しませんよ。ほっほっほ。あ、そうそう、パパにも伝えなければ。私としたことが映画ごときでソワソワしてはいけませんねぇ。ほっほっほ」

◯ル「フリー◯めェ…ザコのくせに調子に乗りおって…フッ…まぁいい。孫悟空を一番苦しめたのは私だからな。フ◯ーザの奴は体を真っ二つにされて終わりだったが私は半分吹き飛ばされてもピンピンしている。視聴者も驚いただろうよ。何を隠そう、私こそ真の主人公なのだからな!ブワーッハハッハッハッハーー!そうだ、 フグタ君にも教えてやろう!ブワーッハッハッハッハーー!」

◯ジータ「フン。映画などくだらん。カカ◯ットはこんなくだらんものにうつつを抜かしているのか。そんな暇があったら家事手伝いでもしたらどうなんだ。オレは最近料理に目覚めたんだ。最初は卵もロクに割れなかったが今では目玉焼きを作れるようになったぞ。悔しかったら貴様も料理するんだな。ま、貴様は食うしか能のないアホだ。オレに勝てるわけがない!ハーッハッハッハ。ところで、その映画、オレが主役なんだろうな?」

◯◯ン◯◯「ぼくはイケm(強制終了)」

〜鑑賞後〜

フリ◯ザ「こ、この私を省いてナメック星人なんかを悪役にするだと…しかも、なんだあの低クオリティは…キィィィ苔にしやがって…ぜったいに許さんぞ!虫ケラども!!!!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!!!!死ねィィィキェェェェーー!!」

セ◯「ぶrrrrrrrrrrわァァァッーー!!チクショーーー!!私の影すら見当たらないぞ!どういうことだ!真の主人公はオレなんだぞ…舐めやがってェェェーー!!こんな屈辱は味わったことがない!ぶrrrrrrrわァァァ地球もろとも粉々にしてくれるわァァァッーー!!かrrめrrはrrめrr波rrrrrrrrrーー!!」

ベ◯ータ「…ワケガワカラナイヨ…」

◯◯◯◯◯「ぼくもそうおm(強制終了)」

新次元というか…異次元…トンデモない実写作品があるものですね。幾つか(ほとんどツッコミどころしかないヨッ)説明します。

あらすじ↓
Long long time ago…はるか銀河の彼方からやってきたピッ◯ロ大魔王は地球に暗黒と混沌をもたらし人類を破滅の危機においやりましたが(こやつにやられるとは地球人が脆すぎる…)、7人の勇敢な戦士たちが「魔封波」(マフーバという聞き慣れぬオカルト技)で◯ッコロ大魔王を地下深くに封印し世界は平和になりました…が、時は変わって現代、7日後の皆既日食の日に世界は滅亡するとか(超展開)平々凡々な色ボケティーネイジャーの悟空は家とじっちゃんを壊された腹いせにピッコロをムッコロす(また封印する)べく玉集めの旅に出るのだった(雑)イイハナシダナー

「オラにモテる秘訣を教えてくれーー!」
→今風のアメリカのティーネイジャーが我らが悟空らしいです。修行より女の子を口説く秘訣を教わりたいらしいです。チチの乳に目がなくて鏡の前で髪をセットしながらキモく口説く練習します(わかるZE)こやつは筋斗雲にきっと乗れませんな。さらに残念なことに初期状態では気も使えない(そこは気を使おうぜ) 舞空術も終盤まで(これもショボい)ロクに使わずいじめっ子にバカにされてます。髪は中途半端にしか再現してない。胴着もナンカチガウ…エエ…コノヒトダレデスカ?

「I☆AM☆武天老師☆」
→自称☆最強の男!\(^o^)/HAHAHA!このお方ピッコ◯大魔王の流れ弾でやられます(ヤムチャしやがって)亀仙人要素は皆無です。甲羅も無し。ハゲも無し。なんだか中国にいそうな普通のおっちゃんにしか見えません…唯一のエロ癖もブルマのお尻を触っておきながら我に帰り中途半端に恥じらうからナンカチガウ(もっと大胆に行け←)

「ワタシ、チチアルよ」
→確かに乳は有ります(確信)でもあなたはチチとは別人です。アジア系のそこそこ美人な女性なんですけど、チチなら色白です(まぁしかし割と好みかもしれませぬ…ゴクリ)

「ちょっと孫君!」
→ブルマ。おでれぇーたぞ。おめぇいつから髪ィ染めたんだ?それにちぃーっとばかしすけべっぽくねぇか?オラむらむらすっぞ。

「消え失せろ。2度とそのツラ見せるな!」
→ピ◯コロ大魔王…ナメクジ星人らしさをリアルに追求するとこうなるんだな。ギャラクシー・クエストのアラン・リックマンにカビが生えたようなキャラです。平和な世界に暗黒と混沌をもたらし人類を滅亡にまで追い込んだという奇跡的ラッキーマンです。生き血からネルネルネルネみたいなエイリアンを生み出す点だけ見応えあり。どうせなら口からの感動的な産卵が見たかったなァ…(゚∀゚)

「カァメィハァメィハァーー!」
→少年なら誰しも一度は練習する憧れの必殺技「かめはめ波」は今作で唯一にして最後の希望でしたが……もういい!地球もろとも塵になれーー!(ギャリック砲の構え)

最後まで観ることが出来たらスーパー忍耐人になれると思います。ニンジャの仲間入りだってばよ!やれやれだぜ…日曜のドラゴンボール超でお口直しです。ハゲの大魔王ならいい人を知ってますよ…あ、やめておこう。