タキシードの作品情報・感想・評価

「タキシード」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.2
ジャッキーがスピルバーグのドリームワークスに招かれて、製作した作品。

女の子に声も掛けられないタクシー運転手のジャッキー、ひょんな事から大富豪の運転手となるが、大きな陰謀に巻き込まれていくと言う物語。

率直にコレ本当にジャッキーが出演するべき作品か....? という内容。タキシードを着ると無敵になる設定は新鮮だけどね。
ただ50過ぎてるのに女の子も口説けないジャッキーは正直見たくなかった。もはや香港時代の功績を全否定してしまってる気が....。

個人的にはジム・キャリーやエディ・マーフィーとかが演じた方が良かった気がする。

ジャッキー本人もこの作品とメダリオン辺りで、自分のやりたい作品とハリウッドの求める物に、かなりギャップを感じてしまい、ハリウッドと距離を置き始めた作品。

ところで間もなく中華圏で公開される新作、ブリーディングスティールはSFスリラーらしい。(明らかにマーベル作品を意識)
タキシードメダリオンと、ジャッキーとSFは相性が悪いので、個人的には少し心配である。
ジャッキーかっこいい!
のざ

のざの感想・評価

2.9
わちゃわちゃしている
ストーリーのせいなのかB級感が強く感じた
明けましておめでとうございます。
今年もfilmarksを通して皆さんと色々と共有できたらと思います。
よろしくお願いしますm(._.)m

2019年一発目は昨年に引き続き、ジャッキー・チェン主演映画にしました。
起承転結上手く纏められており、無駄のないストーリー。アクションも観ていて面白かったです。
寝転がりながら足元だけで人を転がしちゃうの、あれ私もやってみたい(笑)
女優さんセクシーでした。
ワン

ワンの感想・評価

3.0
ひょんなことから大富豪デヴリンの運転手となったジミー・トン(ジャッキー・チェン)は持ち前の好奇心から部屋にあった触らないように言われていたタキシードを着てしまう。それはハイテク機能満載のスーパータキシードだった。
実はデヴリンは秘密機関の諜報員でジミーは怪我をした彼の代わりに新人諜報員のデル(ジェニファー・ラブ・ヒューイット)と共に世界征服を企む飲料水メーカーのバニング社の陰謀を阻止する特殊任務に駆り出されてしまう。

この設定だと高校のスクールカースト最下層のスパイオタクが主人公の方が適していると思う。ジャッキーが主演である必要があまりない。タキシードの影響で体が勝手に動くコミカルなアクションはジャッキーらしくて面白い。

敵の狙いが"タキシード"ではなくストーリーに捻りがないのもちょっとガッカリ。ライターの伏線だけは良かった。

ジミーが英語が得意じゃない設定なので吹き替えよりも字幕の方が良いと思う。


◎まとめ◎
『平凡だった主人公が、かっこよくなって気になるあの子を、ナンパしに行くまでを描いた作品』

◎感想◎
『ヒロインが可愛すぎる。ドンピシャです。
最後のNGシーンのまとめは、ラッシュアワーシリーズを思い出しました!
とにかくヒロインが可愛すぎて頭から離れません。助けてください。』
>|