永遠のこどもたちの作品情報・感想・評価

「永遠のこどもたち」に投稿された感想・評価

muuumy

muuumyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ホラーらしいビビらせてくる演出はあれど、暗くて禍々しいような感じはあまりなく。
黒い暗さってより、青い暗さ。
美しくて切ない、ミステリーよりのホラーといった感じ。

ビビリでも昼間だったら頑張れば観られないこともない。

バッドエンドよりのハッピーエンド…? 
おうちに帰してくれないピーターパンみたいな?

割と緻密に作られたストーリーで、ぐいぐい引き込まれていった。

このレビューはネタバレを含みます

突如失踪してしまった余命僅かだった養子のシモンを探すべく霊媒師と協力し見つけ出していく映画
貝殻の演出をはじめとした伏線回収の仕方が見事、泣かされるホラー映画は意外と新鮮だった
結末は人によって賛否分かれるだろうけど個人的にはパンズ・ラビリンスを連想させる終わり方で結構好き
にし

にしの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

やっと見れた好きなホラー
結末でタイトルの意味が分かり、細かい伏線回収が色々効いててよかった
1.2.3壁を叩け!の演出超怖い
ミヤ

ミヤの感想・評価

5.0
ハッピーエンドだと思ってる
さすが、ギレルモ・デル・トロ製作。「パンズ・ラビリンス」に通じるダークな世界観が一貫としたラテン系ホラーサスペンス。

この作品、単なるホラーというよりミステリー的な要素も強く、トマスという男の子の正体、そして霊媒師によって伝えられるかつてその孤児院で起こった惨劇が明らかになるや、一気に話はクライマックスへ向かい、あまり中ダルミを感じさせない。

最後の二日間、母親一人が屋敷に残り、霊たちと対決し息子を探そうとするくだり、非常に見せ方が上手い。

舞台となる屋敷がまた雰囲気満点。ぎしぎしと軋む音一つ取ってもそこに意味があるような錯覚を感じさせる。

このエンディング、多分、賛否両論だろうが、母親目線的には、ベストで
ないにしても、これも一つのハッピーエンドに違いないだろうな。

それにしても、スペイン映画って、古くは「ザ・チャイルド」、最近でも
「ダークネス」「機械じかけの小児病棟」など、子供の扱いが非常にブラックなところが、気になるところ・・
kipi

kipiの感想・評価

3.8
好き系のホラー 泣ける
めちゃくちゃピュアで切なくて美しい物語(でもホラー本当にダメだからもう観れない
Ayaka

Ayakaの感想・評価

3.3
前知識なしで鑑賞してほしい》

スペイン産いろいろ詰め込み系ホラーで、見たあとはバンズラビリンスとかと同じ気持ちになった。結構怖くてずっと猫の手も借りなきゃ見れないほどで、うちの猫のモフモフを頼って頑張って1人で見てたんだけど、伏線回収の小ネタとかいちいち怖すぎ?ガチャ音に耐えられない。uno, dos, tres, toca la pared! おい!やめてくれますか?本当にやめて?音に猫が私と一緒にビクってしたよ。
最後は感動してしまった。作りが巧いなと思う。よく練られてるうえに、繊細な印象
スペイン語じゃなかったら観てもいなかったけど、期待以上に良かった。賛否はあると思う。
>|