麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜の作品情報・感想・評価

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:129分

3.5

「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」に投稿された感想・評価

KEIKO

KEIKOの感想・評価

3.7
気が付いた時、知った時にはもう、その人はいない。切ないな…
HIRO

HIROの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読鑑賞。

Netflixに入り浸りで久しぶりに邦画鑑賞したけど、相変わらず邦画はカメラワークが酷い。
逆にあんな酷いカメラワークなのに阿部寛さんの画力が流石で、独り勝ち状態だった。

登場人物も刑事なのに茶髪アイドルヘアーで実際にはあり得ないし、お笑い芸人を起用するのは構わないけど、その印象が強すぎてシリアスな場面に削ぐわないとか…
当たり前の事が出来てない邦画の見本市みたいな映画だった。


物語も推理小説…って割には犯人が誰だろうとどうでもいいような展開だし、
色々と矛盾というかずれてる点が多すぎる。

例えば八島が刺されてる青柳を発見して魔が差してしまって目の前の鞄を盗むのも、流石に不当に解雇された前勤務先の部長とはいえ同棲相手が妊娠してるのを知ってるのに盗むとかあまりにも倫理的な人間じゃないし、そんなやつのために泣くガッキーみても微塵も心に響かないんだが。

そして1番イラっときたのは最後のクレジットで
黒木メイサ(友情出演)
は流石に草生えました。



折角のソフトバンクのポイントで月に映画一本借りれるけど、これ観るならオリエント急行の方にしとけばよかったと後悔。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
原作は未読ですが加賀シリーズがいくつか読んでます。相変わらずの東野圭吾の手際の良さを感じさせる作品ですね。父子の相克、過去のいじめ、労災隠し、貧乏カップルなど、様々な要素を手際よく結びつけてます(意外な犯人もしっかり用意)。過去の小さな出来事が取り返しのつかない大きな悲劇を生む。この後味の悪さと重さもまさに東野圭吾。

ただストーリーが端正すぎて映画としてはインパクト不足か。映画にするには「容疑者X~」のような大ネタが欲しいところ。被害者が麒麟の像まで歩いていったのか、肝心のその部分が弱いんですよね。ここでムリに感動的に盛り上げようとしているところが苦しい。2時間ドラマでもよかった?

もう1つ残念なのは阿部寛が加賀刑事のイメージと違うこと(もうちょっとひ弱でナイーブなイメージなんですが)。あとあの看護師の話は要らないんじゃないかと(田中麗奈は好きですが)。

中井貴一は相変わらず上手い!
ケツ

ケツの感想・評価

4.0
学生時代の限度がわからずやりすぎてしまう感じがなんとなく共感できてしまうからこそ辛くなる
劇団ひとり演技よさげ
sleep

sleepの感想・評価

3.5
東野圭吾の結末はいつも悲しいんだけど、小説も映画も何回も見たくなる ミステリーなのに泣いてしまう
1月くらいの放送の録画分。
新参者シリーズは観たことありませんでしたが、2時間ドラマみたいな感じで面白かったです。
役者さんが豪華だし菅田将暉〜やっぱりすごいな〜。
親の偉大さを見た映画でした。
Akira110

Akira110の感想・評価

4.2
いい話だけど切なすぎる。
松坂桃李と山崎賢人と菅田将暉若い。
みんな人を思ってやった行動がこんなことになるなんて。
阿部さんイケメンだった。
RUI

RUIの感想・評価

-
鑑賞記録
正月ごろに地上波で放送されたものをやっと。推理系のものは見入ってしまうなぁ。そして阿部さんがカッコイイ。事件を解決することが本筋であると思うけど、単にそれだけの映画ではなくて、それぞれの登場人物の「思い」が重要。それがまた魅力。



再鑑賞。加賀さんのかっこよさが光る反面、話の深刻さが強いので、観ているのが辛くもある。ただの推理ものとは言えない、単純じゃない感じがある。教師を説教するシーンがあるけど、加賀が教師だったこと認識してからの鑑賞だったので、その説教に重みを感じた。
KH

KHの感想・評価

3.5
悲しい話し。
>|