あめみや

最高殊勲夫人のあめみやのレビュー・感想・評価

最高殊勲夫人(1959年製作の映画)
-
「三原三郎と野々宮杏子が金輪際結婚しないために、乾杯!」

野々宮家と三原家のきょうだい同士の恋愛結婚が二度も繰り返される。どうせならトリプル結婚をと狙う長女の企てで、今度は末っ子の三郎と杏子が引き合いに出される。
しかし当事者二人はたまったもんじゃないと同盟を組み、絶対に結婚しないことを誓い合うが…。


いやぁ、素晴らしいね。めっちゃニコニコした。ほんと最高です。

時代なのかわからないけど、男も女もみんな積極的で潔くて可愛らしくて、とてもよかった。

ロカビリー喫茶で告白するシーンが好きすぎて何回も観ちゃった。

昼休みに会社の屋上でみんなでバレーボールしたりするのいいな。古き良き日本の風習って感じ。復活してほしい〜。

もし自分が結婚できるなら、このキュートすぎるパッケージをオマージュした写真を撮って家に飾りたいと強く思いました!(笑)