最高殊勲夫人の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「最高殊勲夫人」に投稿された感想・評価

ercaa

ercaaの感想・評価

4.0
川口浩がスウィート
ジャケットからポップでモダンで素敵やん!
ハイソ、ハイカラ、ハイテンポ!
これが60年前!?良い映画は簡単に時代を超えますね!

金持ち三原3兄弟と貧乏野々宮3姉妹の上と真ん中がそれぞれくっついて、女傑長女の野望は玉の輿三重奏へ。
三男・三女、姉さんの策略に乗るものかと反発・結託。互いの秘めたる想いを隠し、何があっても二人が結婚しないために、乾杯!

三角四角、想い想われ、恋い焦がれ。

結ばれても破れても、全てがちゃきちゃき闊達に進み快活極まりない。

好きで好きでたまんねーんだよ!
だって好きなんだものあなたが!
結婚しない?しよう!

せせこましくめくるめくラブコメディの傑作!
aym

aymの感想・評価

4.0
窓好きにはたまらないオープニング
ジャケットがポップだけど、内容もポップでいい感じ。
みお

みおの感想・評価

4.5
テンポはやい
ジャケ写からしてとにかく最高!
若尾文子と川口浩のコンビはもとより、船越英二の喜劇俳優としての一面がこれ以上ないくらいに発揮されてて面白い。
「好きだ!」
「なに!?聞こえないわ!」
「好きだ!好きでたまらない!」
「あたしも好きよ!」
「なんだって!?もう一度言ってくれよ!」
「あなたが大好き!」
2015年12月26日、角川シネマ新宿にて鑑賞。
「若尾文子さんの舞台挨拶あり」だったので、観たことがある映画だったが、映画館へ。 
先月の発売日に座席確保したので、前方のかぶりつき席。 

綺麗な和服で登場した若尾さんのトークでは、「この『最高殊勲夫人』という映画ではね、増村さんが『セリフは出来るだけ速く言ってくれ』って言ったんですけど、速くったって限度があるでしょ」というエピソード、「映画撮影は朝から晩まで調布の撮影所。京都に行くと雷蔵さんや勝さんがいらっしゃるんですけどね。銀座まで運転して気分転換したのよ」などのエピソード、また映画から離れて私生活の「最後の車は自分で買ったの。ベントレー。これが大きくてね……」などなど話題盛りだくさんの若尾さんトーク30分が楽しかった。 


映画は、何度か観ているが、確かに「増村監督から言われたような早口」な感じがした。 
この作品自体、気楽に観れる映画であるので、良かった。
ジャケット可愛いし面白かった〜
短さ的にも最高
結局ハッピーエンドになるのわろた
安藤

安藤の感想・評価

5.0
この爽快感は人間社会に存在するんですか