最高殊勲夫人の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「最高殊勲夫人」に投稿された感想・評価

yyny

yynyの感想・評価

3.5
テンポよし○
ジャケ借り

スピード感がいい
s

sの感想・評価

4.6
2018年 初映画
正月だから邦画を

これを勧めてくれた友達に感謝や〜
いい映画だった
経済成長期の日本人て こんなエネルギッシュでストレートなんだなあ
あと 若尾文子のかわいさ、、、
うっ…幸せな気持ちになっちまう!
mingo

mingoの感想・評価

4.1
まずジャケットが100点満点越えて地球を突き抜け月にぶっささって旗が立つレベルのイケてる具合。宮口精二ファンとしては映画館で観ると決めて挑んだ2017年師走。やっぱこの時代の高度経済成長期の変動とともに身の回りの価値観の変化をテーマに描かれた作品どれもおもしれー!!特に本作は多幸感が半端ない。ラストの居酒屋での告白の言い合いなんてシンプルながらも当時生きてたひとたちを死ぬほど羨ましくなるほど愛おしい。増村ならではの小道具も効いてるし、いつもの若尾川口コンビも個人的最高殊勲をあげたい。傑作。井上梅次の「閉店時間」も一緒におすすめ。
Kunihiro

Kunihiroの感想・評価

4.0
新宿角川で鑑賞。日本映画は奥が深い。ライトコメディの隠れた名作。台詞のテンポも良く、何よりも若尾文子がとても魅力的だった。
gma

gmaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

爽快で最高!登場人物全員魅力的!
とんかつヤケ食いする豊子と
最後潔く諦めた武久がお気に入り

庭でキャッチボールしたり、
『私は私 娘は娘』
『父は父 私は私』って父娘の在り方もイイ

会社でめざし焼いたり、スポーツしたりしてるのも新鮮で面白かった。


女の嫌な部分の塊のような人間味溢れる桃子姉さんのキャラが清々しくて大好き。それを飛び超えていく杏子と三郎、もっと好き。
(それでも最後の満足気な顔見るとやっぱり世界は桃子姉さんが回しているんじゃないかと思っちゃう)
somebody

somebodyの感想・評価

4.1
DVD #171223

絶対絶対、結婚式でこんな写真撮るんだあ〜〜
imapon

imaponの感想・評価

3.9
9年ぶりに観賞。
見ている間ずっと「あれ、こんなんだっけ?もっと面白かったはずだ」.....
どうやら観賞後脳内醸成されすぎたかな、と思った。
2日たって、また脳内醸成始まってる。
やっぱイイわ!
告白合戦みたいになる職場が微笑ましい。

牛乳こぼす文子さん。
与那嶺はまだ打つとゆー文子さん。

川口浩が随所にホントは好きな素振りみせるのに対し、文子さんはクールに冷静。それだけにロカビリー喫茶での告白がたまらない名シーンになる。

名も判らぬ若き男女の脇役陣がこれまた良い。