天使にラブ・ソングを…の作品情報・感想・評価

「天使にラブ・ソングを…」に投稿された感想・評価

YU

YUの感想・評価

3.7
一緒に歌っちゃう
たまにふと見返したくなる。
kota

kotaの感想・評価

4.4
図らずも修道院に入ることになった育ちの悪いクラブ歌手が、そこの聖歌隊を指導し成功を収めていく物語。

ウーピーゴールドバーグ演じる主人公の、逆境に負けないところがかっこよく、また勇気付けられる。保守的で閉鎖的だったシスター達の考え方も変わっていき、歌っている時の表情などから楽しさが伝わってくるため、こちらもワクワクする。
ami

amiの感想・評価

3.7
記録
映画の中で一番好き
erry

erryの感想・評価

3.8
キリスト教の考えが文化に根付いているアメリカやヨーロッパでの考え方や風習などがよくわかる映画。

宗教の力が弱まってきているとは言っても、まだ影響は大きいことに驚いた。例えば、ギャングが一般人は何の躊躇もなく殺しても、シスター(尼僧)には手をつけられないと言っていたシーンだ。
他にも人々がシスターの前で主に背くような行いに躊躇する場面があり、やはり宗教の力は大きいことがわかった。

あとは、欧米では常識的なキリスト教関係の英単語なども出てきて勉強になった。

歌のシーンでは毎回鳥肌がたった。圧倒的に上手いわけではないが、感動する。特にメアリー・ロバートの歌声はものすごくよかったと思ったが、調べて見たら彼女の歌声は吹き替えだった笑笑(彼女のみ)
また、ハリーポッターのマクゴナガル先生役で有名なマギースミスも出ていておっ!と思った。
かーく

かーくの感想・評価

3.8

歌がいいのとWGの顔がいい
人によっては胸糞があるかもだけど
自分には最高だった
カオル

カオルの感想・評価

5.0
王道で最高
>|