天使にラブ・ソングを…の作品情報・感想・評価

天使にラブ・ソングを…1992年製作の映画)

Sister Act

上映日:1993年04月17日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

「天使にラブ・ソングを…」に投稿された感想・評価

元気になる
てん

てんの感想・評価

3.9
動機って大事だよなーって。

常識とか恒例とか習慣とか
風習とかシキタリとか、
大切なことかもしれないけど
囚われると狭くなるよね。

でもって、
「楽しむ」を全力で表現すると
「いろんな人が惹かれてゆくんだよ〜!」
っていう描写が
ほんとにほんとに楽しそうで、、、
観た後もしばらく
良い気分でした( ´ ` )
思っていたよりミュージカル味がなくてけっこうあっさりしていた。
ライブシーンもっと見たかったし曲数も多くはない。
ウーピーが修道女姿なだけでなんかおもろい。
メアリー役の人かわいい。

個人的に『未知との遭遇』(close encounter of the third kind)と『遊星からの物体X』(the thing)に並ぶベスト邦題。他になんかいい邦題あれば知りたい。
か

かの感想・評価

3.8
劇場やカジノは面白いから人が集まるんですよ。教会は行ってもつまらない。それなら面白くすればいいんですよ。

貴方を殺したい人の気持ちがわかるわ

カジノで歌手としてステージに立つデロリスは、ギャングのボスで愛人であるヴィンスが殺人を犯す現場に偶然居合わせてしまった。
命を狙われた彼女は警察に逃げ込み、身を隠すため、修道院に匿われるがそこで待っていたのは質素でつまらない生活だった。
そんなそんな彼女に与えられた役割は聖歌隊の指揮者。
歌がとってもいい!!!!
わたしも歌わせて〜〜っってうずうずする!
当時の状況について、知識がないので汲み取れない感情もあると思うけど…彼女が当時の社会でのイノベーション!パイオニア!なことは事実やと思うし、素敵!
とにかくハッピーになれるとはこのこと!!
個人的に2より1の方が好きかなあ。
何回か見てるけど、また何回も見よう。
ワタシのいちばん好きな映画。
いいことがあった日も、嫌なことがあった日も、なんでもない日も、特別な日も、観たくなる。
Happyにしてくれる映画。
キャストさん達も曲も大好き。
かの

かのの感想・評価

3.6
歌がノリノリでいいな〜
誰もがハッピーになれる映画ですな!
それにしても、コーラスの上達が異常。
>|