天使にラブ・ソングを…の作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

天使にラブ・ソングを…1992年製作の映画)

Sister Act

上映日:1993年04月17日

製作国:

上映時間:100分

4.1

あらすじ

「天使にラブ・ソングを…」に投稿された感想・評価

きあん

きあんの感想・評価

4.3
どれだけ薦められても何故か観てこなかった映画。

あの…これ…めちゃ最高じゃん…こんなにハッピーな作品久しぶりに観たよ…幸せで涙が出てきたよ…悪役が悪すぎないのも最高…ありがとう…前向きになれる…人生であと50000回観たいな
こういう時だからこそ見たい凄くいい映画!
めっちゃ元気になる!
最高です!
こういう映画大好き
どんな形であれ好きなことは好きなんだよ
あの舞台では花が咲かなくても、こっちで花が咲いたんだよ
色んな人と上手く折り合いつけて、最初は合わないと思ってもひょんなことから出会いがあったりする
素敵な作品だなぁ
面白くて大好き
明日香

明日香の感想・評価

4.8
面白かった!なんで今まで観てなかったんだろうと思える!
幸せな気持ちになれる。
悪役もコメディ感たっぷりで憎めないのもいい。
続編もみたい。
2020.NO.70
さいっこうにスッキリハッピー映画!

愛に溢れてた。
nana

nanaの感想・評価

4.7
歌の力を感じた、、とっても泣けた、やっぱ民度と心の純粋さは関係ないよなあ!
結局一番大事なのは気持ちなんだなって!慣習にとらわれない革新的な形でも、いちばん大事な気持ちの部分が一緒なら受け入れられてくべきですね!そういう世の中になってほしいですね!時代に合わせてかないと伝わるもんも伝わらんくなっちゃうんでね!
街での活動も革新的なものとして描かれてたけど、革新的というよりは、ぬるくなってた修道女としてのあり方を取り戻した感じあったなあ、全ての人を愛し助けるのが修道女のあり方なら、それを行動として示していくのは全然革新的なんかじゃなくて、本来あるべき真の姿って感じしたなあ!あんまり知識足りてないからもう黙るけど!修道女のこと勉強してみる!
それと、そもそも望んで修道院に入ったわけじゃないのに、役割を与えられて、居場所ができて、自分のあり方で輝けるってストーリー、
前に立つ時は適材適所を大切にすること
誰かについていくときは、例え望まない役割を与えられたとしても、生かすも殺すも自分次第、最大限に利用していこう
っていう、私が最近考えてることと重なって心に響きました。
スノ

スノの感想・評価

4.0
放送してくれてありがとう
見終わった後に感動するよりも、過程に感動する。
笑顔、ハッピーになる。


合唱団やってたころを思い出した。
あのころは歌の良さもわからず、先生に反抗してたけど、
この映画みたら、愛のある指導だったし懐かしくなった。
ハッピーにさせてくれました。
ありがとうウーピー・ゴールドバーグ。
ありがとうリクエストしてくれた方々。
ありがとう金曜ロードSHOW!
ほべ

ほべの感想・評価

3.6
歌の力を身体の奥底から感じられる作品。
ストーリーは清々しいほど単純というか奔放だけど、お気楽に観られて、凝り固まった心をシンプルに戻してくれる映画は必要ですよね

ウーピー・ゴールドバーグの表情がツボだし、邦題すてき
ぴーし

ぴーしの感想・評価

5.0
先日の金ローで観た。
吹き替えが馴染みのものでなかったので英語に切り替え。

元気が出る映画。一生好き。2もテレビでやって欲しい〜!!!!